[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Visual Basic for Applications

pointこの用語のポイント

pointプログラミング言語だよ

pointマイクロソフトさんが作ったよ

pointOffice製品用のVisual Basicだよ

pointOffice製品で動くプログラムを作れるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Visual Basic for Applicationsとは

マイクロソフトさんが開発した、Microsoft Office製品で動くプログラムを作るためのプログラミング言語
であり

Microsoft Office製品用にあれこれしたVisual Basic
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

Microsoft Officeは「マイクロソフトさんが作った、事務仕事を中心にビジネスの様々なシーンで活躍するらしい便利なソフトソフト」ね。
いわゆる、WordとかExcelとかのことです。

Visual Basic for Applications

プログラミング言語は「プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉」です。
プログラミング言語で書いたプログラムの元ネタを、コンピュータさんが分かる言葉に翻訳する(コンパイル)ことで、実際に動くプログラムになります。

Visual Basic for Applications2

世の中には、たくさんのプログラミング言語があります。
その、たくさんある中の一つに「Visual Basic」というプログラミング言語があります。

Visual Basicは、マイクロソフトさんが作ったプログラミング言語です。
Windows上で動くプログラムを作るときに、よく使われます。

それを踏まえて、Office製品上で動くプログラムを作るために調整されたVisual Basicが「Visual Basic for Applications(ヴィジュアル・ベーシック・フォー・アプリケーションズ)」です。
その名の通り「アプリケーション用のVisual Basic」です。

恐らく「Visual Basic for Applications」という用語を見かける機会は、ほとんど、ありません。
くそ長ったらしい名前なので、一般的には「VBA」と省略して表現します。

VBAの中で、一番有名なのは、Excel用のVBAでしょうか。
Excel Visual VBA」などと呼ばれたりします。

他にも、Access用のVBA(Access VBA)とかがあります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Visual Basic for Applications」って単語が出てきたら「プログラミング言語なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク