[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ps1ファイル

pointこの用語のポイント

pointWindows PowerShellのコマンド寄せ集めファイルだよ

point拡張子が「.ps1」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ps1ファイルとは

Windows PowerShellで使えるコマンドを寄せ集めて作ったプログラムっぽいファイル
であり

拡張子が「.ps1」なファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

Windows PowerShellは「進化してパワーアップしたコマンドプロンプト(コンピュータに詳しい人が使う黒い画面)」ね。

コマンドプロンプトは「コンピュータに詳しい人がよく使う、Windowsにくっついている黒い画面」です。

ps1ファイル

黒い画面に「コマンド」と呼ばれる命令文を打ち込むと、それに従ってパソコンさんがお仕事をしてくれます。

ps1ファイル2

さて、このコマンドプロンプトですが、作られたのは昔です。
そのため、書ける命令文が結構しょぼいです。
比較的、単純な命令しか実行できません。

ですが、時代は進歩しています。

ある時、Microsoftさんは「もっといろいろできるコマンドプロンプトを作ろうぜ~」と考え、スーパーパワーアップしたコマンドプロンプトを作りました。

それが、Windows PowerShellです。

中身は恐らく別物ですけどね。
「画面上でコマンドを入力すると、それに従ってパソコンさんがお仕事をしてくれる」という点が共通しています。

ここまでの説明で、Windows PowerShellについては、何となく分かったでしょうか。
「コマンドを入力すると、それに従って、パソコンさんがお仕事をする」という点がポイントです。

それを踏まえて、次に進みましょう。

コンピュータさんに対する命令、つまりはコマンドですが、画面上からペチペチと入力するのが基本です。

ps1ファイル3

ただし、他のやり方もあります。
コマンドをあれやこれやと書いたファイルを用意して、それを読み込ませるやり方です。

ps1ファイル4

画面上からコマンドを入力するやり方は「牛乳買ってきて~。洗濯物を取り込んで~」と声に出して指示を出すイメージです。

ps1ファイル5

それに対して、コマンドを書いたファイルを読み込ませるやり方は「牛乳を買え、洗濯物を取り込め」と書かれたメモ書きを渡すイメージになります。

ps1ファイル6

ふぃ~、お待たせしました。
いよいよ本題です。

ここまでを踏まえて、Windows PowerShellのコマンドをあれこれ書いた、プログラムっぽいファイルを指す俗称が「ps1ファイル」です。

ps1ファイルに付く拡張子は「.ps1」であることが多いです。

ps1ファイル7

「ps1」の由来は「PowerShell Version 1」です。
もともとの想定では、バージョンが上がれば、拡張子も変わる予定でした。
バージョン2になったら「.ps2」で、バージョン3は「.ps3」で……という想定だったっぽいです。

ところがどっこい、今でも拡張子は「.ps1」のままです。
恐らく「バージョンが変わるごとに、いちいち拡張子が変わるのは、かったるい!」という意見が多かったのでしょうね。

この拡張子「.ps1」から連想して「ps1ファイル」です。

※ここから先の内容は、Windows 7時点の情報です。将来的には、変更されるかもしれません。

ps1ファイルは、最初の状態ではメモ帳関連付けされています。

ps1ファイル8

試しに、拡張子が「.ps1」で中身が空っぽのファイルを作って、それをダブルクリックしてみてください。
メモ帳が起動するはずです。

ps1ファイルを実行するには、ファイルを右クリックして「PowerShell で実行」を選ぶのが簡単です。

ps1ファイル9

例えば、以下の内容を書いた「test.ps1」を用意します。

Write-Output -InputObject "Hello World!"

$host.UI.RawUI.ReadKey()


一応、説明しておくと

Write-Output -InputObject "Hello World!"



画面に「Hello World!」って表示してよ!

な命令です。

ps1ファイル10

次の

$host.UI.RawUI.ReadKey()



何か入力されるまで待機しろ!

な命令です。

ps1ファイル11

全体を補足説明付きで書き直すと、以下のようになります。

# 画面に「Hello World!」って表示してよ!
Write-Output -InputObject "Hello World!"

# 何か入力されるまで待機しろ!
$host.UI.RawUI.ReadKey()


この2つの命令が書かれた「test.ps1」を右クリックして「PowerShell で実行」を選ぶと、画面に「Hello World!」と表示されたあと、入力待ちの状態になります。

ps1ファイル12

このように、Windows PowerShellで使えるコマンドをあれやこれやと書いたファイルがps1ファイルです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ps1ファイル」って単語が出てきたら「Windows PowerShellで使えるコマンドの寄せ集めファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク