[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

CUR

pointこの用語のポイント

pointファイルに関する決まり事だよ

pointWindowsのマウスカーソルなファイル(拡張子が「.cur」なファイル)はこんな形ね!な決まりだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

CURとは

「Windowsにおけるマウスカーソル用のファイル(拡張子が「.cur」なファイル)は、こんな形のファイルにしましょう」な決まり事
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

マウスカーソルは、パソコンさんの世界における皆さんの「手の代わり」ね。
普段は矢印っぽい形をしていて、マウスを動かすと画面上で連動して動くアイツです。

CUR

実はこのマウスカーソルですが、表示されている矢印は画像です。
矢印の画像がどこかにあって、それを表示しています。

この矢印の画像をウサギに変えれば、マウスカーソルの見た目はウサギになります。
画像を犬に変えれば、マウスカーソルの見た目は犬です。
画像をピヨ太君に変えれば、マウスカーソルの見た目もピヨ太君になります。

Windowsで使われるマウスカーソル用の画像ファイルは、拡張子が「.cur」であることが多いです。
拡張子が「.cur」なファイルは「CURファイル」と呼ばれたりもします。

CUR2

さて、このマウスカーソル用の画像ファイル(CURファイル)ですが、普通の画像ではありません。
「マウスカーソル用の」画像です。
画像としての情報以外にも、マウスカーソルとして使うために必要な情報が、あれやこれやと含まれています。

それを踏まえて「Windowsで使うマウスカーソル用のファイル(CURファイル)は、こんな形にしようぜ~」な決まり事が「CUR」です。

CURファイルも、元は普通の画像ファイルです。

CUR3

ただし、マウスカーソルとして使うための付帯情報がくっついています。

CUR4

この「付帯情報として何をくっつけるか?」や「付帯情報をどうやってくっつけるか?」などのあれやこれやの取り決めがCURです。
普通の画像ファイルは、CURのルールに従った形式に変換されることで、マウスカーソルとして使えるファイル(拡張子が「.cur」のファイル)になります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「CUR」って単語が出てきたら「拡張子が『.cur』のファイルってどんな形のファイル?を示したルールなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク