[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

LOC

pointこの用語のポイント

pointソースコードの行数だよ

point「lines of code」の略だよ

point気休め程度の指標だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

LOCとは

ソースコード(プログラムの元ネタ)の行数のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ソースコードは「人間語で書いたプログラムの元ネタ」ね。
人間語で書いたソースコードは「コンパイル」と呼ばれる作業をすることで、コンピュータさんが動かせるプログラムに変身します。

LOC

それを踏まえて「ソースコードの行数」をカッコつけて言った表現が「LOC(エルオーシー)」です。
処理が何行書かれているかを示した数字です。

LOC2

lines of code(ラインズ・オブ・コード)」の略で「LOC」らしいです。
暇な人は覚えてあげてください。
暇じゃない人は、覚えなくて構いません。

LOCは、プログラムの規模を測る際の目安となる指標の1つです。

ただし、行数の数え方には、いろいろなローカルルールがあります。
コメント行を除いたり、改行だけの行を除いたり、他にも独自の数え方があったりします。

例えば、以下の処理は6行です。

if($a == "1")
{
    print "1だよ";
}else {
    print "1じゃないよ";
}


これを単純に「6」と数える場合もあります。
あるいは、2行目の「{」を1行目に含まれる、つまり

if($a == "1"){
    print "1だよ";
}else {
    print "1じゃないよ";
}


と同じだと判断して「5」と数える場合もあります。

基準は結構あいまいです。

まぁ、そもそもの話として、気休め程度にしかならない指標ですけどね。

処理の書き方は、1つではありません。
同じ処理を書くのにも、いろいろな書き方があります。

例えば、PHPで書いた以下の3つは、すべて同じ処理です。

if($a == "1")
{
    print "1だよ";
}else {
    print "1じゃないよ";
}


if($a == "1"){print "1だよ";}else {print "1じゃないよ";}

print $a ==1 ? "1だよ" : "1じゃないよ";

1つ目の処理は6行で書かれています。
LOCは「6」です。

2つ目、3つ目の処理は1行で書かれています。
LOCは「1」です。

それでは、1つ目の処理は、2つ目、3つ目の処理の6倍の規模なのでしょうか?

そんなことは、ありませんよね。

個人的には、どんな数え方をするにしろ、気休め以外の何物でもないと思っています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「LOC」って単語が出てきたら「ソースコードの行数なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク