[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

エラー (error)

pointこの用語のポイント

point予定外の状態だよ

pointなんかおかしいよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

エラー (error)とは

「やべっ、予定と違うんだけど!」な状況・状態のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「想定外の事態になっちゃったよ~」が「エラー」です。
えらいこっちゃ、ですね。

エラー

実際のプログラムにおいては「想定外」と言いつつ、想定しておかないといけません。
「エラーが発生したらどうするか?」は、あらかじめ考えて対処を組み込んでおく必要があるのです。

そう考えると「想定外」ではなく「本来の予定と違う」のがエラーと言った方が良いかもしれませんね。

例えば、ピヨ太君が運動会に参加しようとしたとしましょう。

エラー2

ところがどっこい、雨が降って中止になりました。

エラー3

運動会を行うはずだったのが、行えていません。

これを実際のプログラムで考えてみましょう。
処理は「運動会を行う」です。

実際には運動会は行えていません。
雨が降った状況は「エラーが発生した」と言えるでしょう。

ただし、雨が降ることは想定できました。
ですから「雨が降ったらどうするか?」を事前に決めてあります。

つまり、雨が降ったのは「想定内のエラー」です。

さて、今回は雨が降った結果、運動会が中止になりました。
これは「想定内のエラー」です。

エラー4

それでは、雨ではなく、槍が降ったらどうでしょうか?

エラー5

槍が降っても運動会は中止になるでしょう。
それは良いとして、槍が降るなんて状況は想像できませんよね?

誰も「槍が降ったらどうするか?」なんて考えていないでしょう。
槍が降った状況は「想定外のエラー」と言えます。

エラー6

このように、一口に「エラー」と言っても、実際には

・想定内のエラー
・想定外のエラー


の2種類あります。

想定内のエラーは発生しても構いません。
理想を言えば、発生しない方が良いですけどね。
発生したとしても許容範囲内です。

想定外のエラーは発生してはいけません。
発生すると「バグプログラムのおかしいところ)がある」と言われます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「エラー」って単語が出てきたら「『あっ、やべっ』な事態なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク