[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

バグ (bug)

pointこの用語のポイント

pointプログラムのおかしいところだよ

pointプログラム以外でも「何かおかしい」の意図で使うことがあるよ

pointプログラムバグ、仕様バグ、設計バグ、バグはいろいろあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

バグ (bug)とは

プログラムのおかしいところ。
あるいは

「間違っちゃった、てへっ」な何かのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一般的には「プログラムの不具合」が「バグ」です。
プログラムの処理の中で仕様通りに動かない部分ですね。

ただし(--)b

この言葉は結構アバウトな使われ方もします。

仕様が間違っていたら「仕様バグ」と言ったり、設計書の記述ミスを「ドキュメントバグ」と言ったりもします。
あまり深く考えずに「何かおかしいんだな」くらいに考えておいた方が良いかも知れません。

とは言え、実際にプログラムを作る人たちは「バグ」という言葉に敏感です。
思った通りに動かないからといって、すぐ「バグ」と言うと嫌われるのでご注意ください。
実際のところ、ただの操作ミスでバグじゃなかったりする場合も多いですしね。

極端な例えですが「鼻毛出てるよ~」と指摘するのと同じことなのです。
それが実際には鼻毛じゃなくてホクロだったら、言われた人はムカっとしますよね?

だから覚えておいてください。
バグは鼻毛なのです。あれ?なんか違うな。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「バグ」って単語が出てきたら「何かおかしいんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク