[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

JSPファイル

pointこの用語のポイント

pointJavaのプログラムだよ

pointWebサーバ上で動くよ

pointHTMLファイルとJavaが合体したものだよ

point動くときはサーブレットに変身するよ

point拡張子が「.jsp」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

JSPファイルとは

Webサーバ(ホームページのファイルを置くサーバ)上でお仕事をするJavaのプログラムで、HTMLファイルとJavaのプログラムが合体したもの
であり

拡張子が「.jsp」なファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

Javaプログラミング言語の一つね。
プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉です。

Javaを生み出した人は、このプログラミング言語を使って、いろいろなプログラムを作れるようにしました。

その中の一つに、Webサーバホームページファイルを置くサーバ)で動くJavaプログラムがあります。
このJavaプログラムを「Java Servletサーブレット、Servlet)」と言います。

JSPファイル

それを踏まえて、Java Servletさんの親戚が「JSPファイル」です。

正確には、Java Servletさんの親戚は「JSP」で、中身がJSPのファイルが「JSPファイル」でしょうけどね。
そこら辺は、ゆるく解釈してください。

「JSP」の由来は「Java Server Pages(ジャヴァ・サーバー・ページズ)」らしいですが、別に覚える必要はありません。
JSPファイルの拡張子は「.jsp」であることが多いです。

JSPファイル2

Java Servletは、がっつりとしたプログラムです。
動かすためには、自分でコンパイルして配置しなくてはなりません。

それに対して、JSPファイルは基本的にはHTMLファイルです。
ただし、その中に、好きなようにJavaのコードを埋め込むことができます。
PHPやASPでプログラムを作るときと同じようなイメージです。

百聞は一見に如かずと言いますからね。
実際のコードを見てみましょう。

JSPファイルの中身は、例えば以下のように書きます。

<html>
<head><title>はろーわーるど</title></head>
<body>

<h1>はろーわーるど</h1>

<%
    String word1 = "Hello World!";
    out.println(word1);
%>


</body>
</html>


Javaのプログラム部分は

<%
    String word1 = "Hello World!";
    out.println(word1);
%>


です。
あとはHTML部分になります。

如何でしょう?
HTMLファイルの中にJavaのコードが埋め込まれていますよね。

これがJSPファイルの中身です。

さて、このJSPファイルですが、実際にお仕事をするときにはJava Servletに変身します。
お仕事の依頼が来ると「サーブレットコンテナ」と呼ばれるJava Servletを動かすソフトによってJava Servletに変換され、Java Servletとしてお仕事をするのです。

JSPファイル3

そんな感じなので、JSPファイルとJava Servletは、同じといえば同じです。
単に

1.プログラムの作り方が違う
2.お仕事が始まるときの手順が違う


だけです。

「1.プログラムの作り方が違う」に関しては、Java Servletが普通のJavaっぽい書き方になるのに対し、JSPファイルはPHPっぽい書き方になります。

「2.お仕事が始まるときの手順が違う」に関しては、JSPファイルはお仕事が始まるときに、Java Servletに変身する工程が発生します。

それ以外、実際にお仕事をしているときの姿は同じ(どちらもJava Servlet)です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「JSPファイル」って単語が出てきたら「HTMLファイルとJavaのプログラムが合体したものなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク