[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

エラーログ (error log)

pointこの用語のポイント

point記録だよ

pointエラーを記録するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

エラーログ (error log)とは

コンピュータ世界における「やばいことになった状況の記録」
です。

image piyo

詳しく書くよ

エラー」+「ログ」で「エラーログ」です。

エラーログ

エラーは「予定外の状態」ね。
「えー、そんなことになったら困るんですけどー」な状況を指します。

エラーログ2

ログは、コンピュータさんの世界における、やったことや起こったことの「記録」です。
よく分からない人は、コンピュータさんがつけている日記だと思ってください。

エラーログ3

エラーというのは基本的に起こるとヤバイです。
そんなヤバイ状況を記録しておくのが「エラーログ」です。

エラーログ4

エラーログは地味に大事です。
まずはエラーログを見て、問題の状況や原因を推測することが多いからです。

エラーログがいっぱい出ているときよりも、全然出ていないのにちゃんと動かない方がドキドキします。
あとは必要な情報がエラーログに出ていないと、ちょー涙目です。
設計する人は、ちゃんとエラーログに出す内容を吟味してください。
エラーログは特に5W1hを意識した方が良いと思います。

1.エラーが起きました。
2.今日の10時にエラーが起きました。
3.今日の10時に○○プログラムでエラーが起きました。
4.今日の10時に○○プログラムの××関数でエラーが起きました。
5.今日の10時に○○プログラムの××関数で変なデータが入ってきたのが原因でエラーが起きました。
6.今日の10時に○○プログラムの××関数で変なデータが入ってきたのが原因でデータ取得に失敗するエラーが起きました。


どのエラーログが便利かは何となく分かりますよね?

ただし中身は多過ぎても読むのが大変です。
コンセプトは

・エラーの内容が分かるか?
・エラーの原因が分かるか?


でしょうか。
そのための情報を出力します。

エラーログは、エラーを記録するのが目的ではありません。
エラーの原因や状況を掴んで、再発防止の材料とするのが目的です。
必要な情報を過不足なく出力することを意識してあげてください。

とはいえ、何が必要で不要か分からない場合も多いでしょう。
そんなときの方針は「大は小を兼ねる」です。
迷ったら出力しておくべきです。

情報が足りないと、手の出しようがありません。
情報が多すぎる場合は、いらない部分を読み捨てれば、それで済みます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「エラーログ」って単語が出てきたら「エラーの記録なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク