[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

favicon.ico

pointこの用語のポイント

point画像ファイルだよ

pointホームページのシンボル(アイコン)として使われるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

favicon.icoとは

ホームページのシンボル(アイコン)として使われる、画像ファイルのこと。
もう少し細かく書くと

そのホームページを作った人が「このホームページは、こんなのだよ」をイメージして用意した画像ファイルで、お気に入りに登録したときにホームページタイトルの横に表示される小さな画像のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

アイコンは「これは、どんなものですよー」を簡単に表現したイラストね。

例えば、マンガで登場する自爆スイッチには、ドクロマークが付いています。
このドクロマークは「押したら、ヤバイよ!」を表現するイラストです。

favicon.ico

同じように、コンピュータの世界でも「それが何か」や「押すとどうなるか」をイラストで表現することが多々あります。
このイラストを「アイコン」と呼びます。

コンピュータの世界で登場するイラストは、画像です。
ですから「アイコン用のファイルは画像ファイルである」と言えます。

以上を踏まえて「そのホームページを示すアイコンとして使われる画像ファイル」が「favicon.ico」です。
タイトルバーや、お気に入りに登録したときなどに、ホームページタイトルの横に表示される画像です。

favicon.ico2

例えば、わわわIT用語辞典をイメージして私が作ったfavicon.icoは、ピヨ太君の顔です。
大きさの都合で大学帽は脱がせてしまいましたけどね。
わわわIT用語辞典を象徴する存在として、アイコンに相応しいでしょう。

favicon.ico3

このように、favicon.icoには、ホームページを象徴する何かを描くのが一般的です。

なお、favicon.icoは「アイコン用の」画像ファイルです。
ただの画像ファイルでは、ありません。
専用のソフトを使って作る、もしくは、専用のソフトを使って普通の画像からfavicon.icoに変換するのが一般的です。

favicon.icoの具体的な作り方は「favicon.ico 作成方法」あたりをキーワードにしてGoogleYahoo!などで検索してみてください。
きっと、詳しい説明が見つかるはずです。

あとは、できあがったfavicon.icoをWebサーバ(ホームページのファイルを置くコンピュータ)に配置すれば、完了です。

favicon.ico4

ちなみに、少し哲学的な説明ですが、favicon.icoがfavicon.icoである必要はありません。
ホームページのファイルのヘッダ部(<head> ~ </head>の中)に

<link rel="shortcut icon" href="【favicon.icoの名前】" type="image/vnd.microsoft.icon">

と書くことで、好きな名前のアイコンファイル拡張子が「.ico」のファイル)を指定することが可能です。
例えば

<link rel="shortcut icon" href="piyota.ico" type="image/vnd.microsoft.icon">

と書けば「piyota.ico」がfavicon.icoの役割を果たします。

つまり、何も書かない場合は

<link rel="shortcut icon" href="favicon.ico" type="image/vnd.microsoft.icon">

が記述されているのと同じ動きになるわけです。

とはいえ、厳密に言えばWebブラウザ(ホームページを見るときに使うソフト)さんの動き次第です。
特に理由がなければ、名前は「favicon.ico」のままにしておいた方が無難だと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「favicon.ico」って単語が出てきたら「そのホームページを表現するアイコンファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク