[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

CPPファイル

pointこの用語のポイント

pointC++のソースファイルだよ

point拡張子が「.cpp」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

CPPファイルとは

プログラミング言語「C++」のソースファイル
であり

拡張子が「.cpp」なファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

C++は「C言語がパワーアップしたプログラミング言語」ね。
すごい大雑把に書くと、C言語にオブジェクト指向の概念とかを組み込んだプログラミング言語です。

ソースファイルは「プログラムの元ネタが書かれているファイル」です。
こいつをコンピュータさんが分かる言葉に翻訳することで、実際のプログラムになります。

CPPファイル

以上を踏まえて、C++のソースファイルを指す俗称が「CPPファイル」です。

C plus plus」だから「CPP」なのでしょう。
CPPファイルの拡張子は「.cpp」です。

CPPファイル2

CPPファイルは、そのままでは動きません。
コンパイル」と呼ばれる作業を通して、コンピュータさんが分かる形に翻訳してから動かします。

.cpp3

また、CPPファイルの中身は、テキストファイル(中身が文字だけのファイル)です。
メモ帳などのテキストエディタで中を見たり編集したりできます……が、いろいろな機能のついた専用のソフト統合開発環境:IDE)を使うことが多いです。

その気になればメモ帳で編集できますけどね。
他のファイルと連携したり、動作確認をするためにはコンパイルしたりする必要があるので、普通は専用のソフトを使います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「CPPファイル」って単語が出てきたら「C++のソースファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク