[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

BATファイル

pointこの用語のポイント

pointファイルだよ

pointコマンドプロンプトで使えるコマンドがいろいろ書いてあるよ

point拡張子は「.bat」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

BATファイルとは

「バッチファイル」のこと。
つまり

Windowsで使える、拡張子が「.bat」なファイルのこと
であり

コマンドプロンプトで実行できるコマンドをまとめて書いたファイルのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

コマンドプロンプトは「コンピュータに詳しい人がよく使う、Windowsにくっついている黒い画面」ね。

BATファイル

この黒い画面に「コマンド」と呼ばれる命令文を打ち込むと、それに従ってパソコンさんがお仕事をしてくれます。

例えば

cd C:\Windows\

というコマンドを実行すると「C:」フォルダの中にある「Windows」フォルダの中に移動します。

BATファイル2

その状態で

dir

というコマンドを実行すると「Windows」フォルダの中にある、ファイルとフォルダの一覧が表示されます。

BATファイル3

今回の例では

cd C:\Windows\



dir

のコマンドを黒い画面に直接、打ち込みました。

実は、実行するコマンドは、あらかじめファイルにまとめておくことができます。
具体的には、以下の内容が書かれたファイルを用意します。

cd C:\Windows\
dir


そして、コンピュータさんに「このファイルを黒い画面で動かしてよ」と、お願いするのです。

BATファイル4

そうすると、コンピュータさんは、ファイルに書かれている内容を黒い画面上で実行してくれます。

BATファイル5

その結果、先ほどと同じように「Windows」フォルダの中にあるファイルとフォルダの一覧が表示されます。

BATファイル6

さて、今度の例では、実行するコマンドを書いたファイルを用意しました。
この「実行するコマンドを書いたファイル」を「バッチファイル」と言います。

BATファイル7

バッチファイルは、黒い画面で使えるコマンドを、まとめて書いたファイルです。
バッチファイルの拡張子は「.bat」にするのが慣例です。

BATファイル8

ふぃ~、前振りが長くなりました。
いよいよ本題です。

ここまでを踏まえて、バッチファイルの別の呼称が「BATファイル」です。
ファイルの拡張子が「.bat」だから「BAT」なのでしょう。

上でも書きましたが、BATファイルは、コマンドの寄せ集めファイルです。
実行すると、黒い画面が起動して、ファイルに書かれたコマンドたちが実行されます。

BATファイル9

また、BATファイルは単なるテキストファイル(中身が文字だけのファイル)です。
Windows付属の「メモ帳」など、いわゆる「テキストエディタ」と呼ばれるソフトで編集できます。

BATファイル10

個人的には「BATファイル」よりも「バッチファイル」と表現する方が好みですけどね。
「BATファイル」や「batファイル」と表現する人も、少なからず、いらっしゃいます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「BATファイル」って単語が出てきたら「コマンドプロンプトで使える命令文をあれやこれやと記述したファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク