[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

イラストレーター (Adobe Illustrator)

pointこの用語のポイント

pointドローソフトだよ

pointアドビシステムズという会社が作ったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

イラストレーター (Adobe Illustrator)とは

アドビシステムズという会社さんが作って売っている、ドローソフト(ベクタ形式の画像を編集するときに使うソフト)
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

画像の形式には、大きく分けて

・「向きや長さ」で覚えておく、線を覚えておくよ方式
・「座標と色」で覚えておく、マス目塗りつぶし方式


の2種類があります。

Adobe Illustrator

線を覚えておくよ方式のことを「ベクタ形式」と言います。

Adobe Illustrator2

マス目塗りつぶし方式は「ビットマップ形式」です。
ラスタ形式」と呼ばれる場合もあります。

Adobe Illustrator3

ベクタ形式の画像を編集するソフトは「ドローソフト」と呼ばれています。

Adobe Illustrator4

同様に、ビットマップ形式(ラスタ形式)の画像を編集するソフトは「ペイントソフト」と呼ばれています。

Adobe Illustrator5

ここまでを踏まえて、アドビシステムズという会社さんが作ったドローソフトが「Adobe Illustrator(アドビ・イラストレーター)」です。
ベクタ形式の画像を編集する際に使います。

Adobe Illustrator6

イラストレーターで扱う画像(ベクタ形式の画像)は、拡大してもカクカクになりません。
そのため、イラストレーターはロゴやイラストを作る際に、よく使われます。

なお、イラストレーターの仲間で「Adobe Photoshop(アドビ・フォトショップ)」というソフトがあります。
フォトショップはペイントソフトです。
ビットマップ形式(ラスタ形式)の画像を編集する際に使います。

Adobe Illustrator7

せっかくなので、イラストレーターとフォトショップは、セットで覚えてあげてください。

イラストレーター:ドローソフト(ベクタ形式の画像を編集するソフト)
フォトショップ:ペイントソフト(ビットマップ形式の画像を編集するソフト)


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Adobe Illustrator」って単語が出てきたら「ドローソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク