[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

探索型テスト

pointこの用語のポイント

pointテストのやり方だよ

pointテストをやりながら次にテストする内容を考えるよ

point前のテストの結果を踏まえて、次にやるテストの内容を決めるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

探索型テストとは

「探索的テスト」のこと。
つまり

前のテスト項目の結果を踏まえて次にやるテスト項目を考える「テストしながら次のテスト内容を考えます」方式で行うテストのこと
です。
サクっと一言で

アドリブで行うテスト
とも言えます。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「探索的テスト」の説明と、ほとんど同じです。既に「探索的テスト」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

探索的テストは「テストをやりながらテスト項目を考えるテスト」ね。
この探索的テストの別の表現が「探索型テスト」です。

今回、調べたかぎりでは「探索テスト」の方が一般的な表現に感じましたけどね。
「探索テスト」という表現もあったので、一応、取り上げておきます。

それでは、順番に見ていきましょう。

テストを行う際には、事前に

・こんな操作をすると
・こんな結果になるはず


という予想を立てます。
この予想に沿った結果になるかを確認するのが、テストです。

普通のテストでは、確認するテスト項目を一通り用意してから、実際のテストを始めます。

探索型テスト1

それに対して、探索型テストではテスト項目を事前に用意しません。
アドリブで行うテストです。

とはいえ、何もなければ始められませんからね。

まずは、テストの観点を決めます。

探索型テスト2

次に、その観点に沿って、最初のテスト項目を用意します。

探索型テスト3

次に、用意したテスト項目を実施します。

探索型テスト4

当たり前ですが、テストを行えば結果が出ます。

探索型テスト5

次がポイントです。
出た結果を踏まえて、次にやるテストの内容を考えます。

探索型テスト6

あとは、この繰り返しです。
テストの観点に沿って

1.テスト項目を考える
2.テストを実施する
3.結果を検証する


を繰り返すことで、テストを進めていきます。

このような、勘と経験によってテスト項目を作りながら進めるテストのやり方が、探索型テストです。
名前の由来は、気になるところを「探索」しながら行う「テスト」だからですかね。

探索型テストの効果は、テストを行う人の実力に左右されます。
「どんなテストを実施するか?」が勘と経験頼りになりやすいからです。

また、あくまで個人的な意見ですが、探索型テストのみでは十分なテストとは呼べないと思います。
すべてのテストケースを網羅するのが難しいからです。
どうしても確認漏れが出てくるはずです。

気になったところからテストしていけるので、十分なテスト工数を確保できない場合には、それなりに有用なやり方だとは思いますけどね。
その性質上、おまけ的な位置づけで行うテストだと解釈しています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「探索型テスト」って単語が出てきたら「アドリブで行うテストなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク