[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

モンキーテスト

pointこの用語のポイント

pointテストのやり方だよ

point適当に操作して問題が出ないか確認するよ

point思いつきで操作して問題が出ないか確認するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

モンキーテストとは

サルになった気分で適当に操作してもぶっ壊れないかを確認するテストのこと。
もう少しスマートに表現すると

事前にテスト内容を決めておかないで、その場の思いつきで操作して問題が出ないかを確認する、直感的に行うテストのこと
です。
サクっと一言で

アドリブで行うテスト
とも言えます。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「その場の思いつきで操作するテスト」が「モンキーテスト」です。
自分がサルになった気分で「ウッキー!」と雄たけびをあげながら行うのがマナーです。

モンキーテスト1

ごめんなさい。
冗談です。

モンキーテスト2

ちょっくら、サルにパソコンを触らせてみてください。
きっと、思いつきで、めちゃくちゃな操作をしますよね?

モンキーテスト3

そんな、めちゃくちゃな使い方をしても壊れないかを確認するのが、モンキーテストです。

モンキーテスト4

……というのが名前の由来だとは思いますが、実際には、もう少し理知的なテストです。
確かに「思いつきで」動かしますが「めちゃくちゃに」動かすわけではありません。

一般的にテストというのは、前もってテスト項目を用意してから始めます。
テストを行う際には、事前に

・こんな操作をすると
・こんな結果になるはず


という予想を立てるはずです。
この予想に沿った結果になるかを確認するのが、一般的なテストのやり方です。

モンキーテスト5

それに対して、モンキーテストは「思いつき」で行います。
「テスト項目?何それ?おいしいの?」です。
テスト対象を目の前に置いて、その場の気分で操作します。
アドリブで行うテストです。

モンキーテスト6

もちろん、やる人なりに「こんなことをしたら、おかしなことになりそうだな~」と予想しながら動かしますけどね。
勘と経験によって操作内容を決めて、勘と経験で問題を見つける、テストのやり方です。

モンキーテストは、その性質上、おまけ的な位置づけで行うテストです。
それのみで十分なテストとは認められません。
思いつきでやる以上、どうしても確認漏れは出てくるからです。

本格的な(項目を用意して行う)テストに入る前の予備テストや、本格的なテストが終わった後のおまけテストとしてやることが多いと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「モンキーテスト」って単語が出てきたら「アドリブで行うテストなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク