[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

メモリソケット (memory socket)

pointこの用語のポイント

point細長い穴(溝)だよ

pointメモリをプスっと挿すよ

pointマザーボードにくっついてるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

メモリソケット (memory socket)とは

マザーボード(他の部品たちがくっつく、パソコンの核となる部品)にくっついている、メモリを挿すためにある細長い穴(溝)のこと
です。
もう少しざっくり書くと

メモリの差込口
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

メモリは「パソコンさんの作業机」ね。
平べったくて、いかにも電子機器っぽい部品です。

メモリソケット

ソケットは「ネットワークとの接続口」の意味で使われることが多いですが、ここでは単に「接続口」と解釈してください。

あとは「マザーボード」についても説明しておきましょう。

メモリソケット2

マザーボードは「他の部品たちがくっつく、パソコンの核となる部品」です。
マザーボードに、ハードディスクマウスキーボード、その他もろもろの部品がくっつくことによって、パソコンさんは形作られています。

メモリソケット3

ここまでを踏まえて、マザーボードにあるメモリの差込口が「メモリソケット」です。
メモリを挿すために開いている細長い穴(溝)ですね。

メモリソケット4

先ほど「マザーボードに他の部品たちがくっつく」と書きました。
メモリは平べったい板です。
平べったい板であるメモリをマザーボードにある細長い穴(溝)に差し込むことによって、メモリとマザーボードが合体します。

この「メモリとマザーボードが合体するための溝」が、メモリソケットです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「メモリソケット」って単語が出てきたら「メモリの差込口なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク