[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

タッチスクリーン (touch screen)

pointこの用語のポイント

point画面だよ

point指や専用のペンで画面をぽちぽちすることで操作できるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

タッチスクリーン (touch screen)とは

いわゆる「タッチパネル」のこと。
もう少し具体的に書くと

指や専用のペンで画面を直接ぽちぽちすることで操作できる画面のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

タッチパネルは「画面を直接ぽちぽちすることで操作できる画面」ね。
指や専用のペンで画面上を直接なぞることによって、操作できる画面です。

タッチスクリーン

それを踏まえて、タッチパネルになっているディスプレイが「タッチスクリーン」です。

タッチスクリーン2

タッチパネルとタッチスクリーンは、同じ物です。

区別する場合もあります。

同じ物として扱う場合は、どちらも「画面」と解釈しているはずです。
画面を指やペンでぽちすることで操作できる「画面」が、タッチパネルであり、タッチスクリーンです。

タッチスクリーン3

区別する場合は、タッチパネルを「パネル」と解釈します。
タッチスクリーンは「スクリーン」です。

そのまんまな説明ですね。
もう少し補足しましょう。

タッチパネルは、ディスプレイの表面にくっつけて、ぽちぽちを感知する「膜」です。
タッチスクリーンは、表面がタッチパネルになっている「ディスプレイ」です。

タッチスクリーン4

「タッチスクリーンを作るために必要な部品がタッチパネル」とも言えるでしょう。

日常会話で区別する必要はないと思いますけどね。
ディスプレイの部品を作っている人とかは、区別しているのではないでしょうか。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「タッチスクリーン」って単語が出てきたら「画面を直接ぽちぽちすることで操作できる画面なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク