[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

BD-RW

pointこの用語のポイント

point多分、勘違いだよ

point「BD-RE」のことだと思うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

BD-RWとは

多分「BD-RE」の勘違い
です。

image piyo

詳しく書くよ

結論から書くと、おそらく「BD-RE」を意図したであろう勘違いが「BD-RW」です。
「W」ではなく「E」が正しいと思いますよ。

BD-RW

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

記憶媒体
Blu-ray Disc
BD-RE


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

記憶媒体は「データを記録しておく物」です。
記憶媒体に分類されるものには、ハードディスクUSBメモリなど、いくつかの種類があります。

BD-RW2

記憶媒体はいろいろありますが、その中の1つに「Blu-ray Disc(ブルーレイ・ディスク)」と呼ばれるものがあります。
Blu-ray Discは、CDDVDよりも、投げ心地が良くて、飛距離が出る記憶媒体です。

BD-RW3

冗談です。

BD-RW4

CDやDVDよりも、データがたくさん入るのがBlu-ray Discです。

BD-RW5

もちろん中の仕組みはCDやDVDと違いますけどね。
特に気にする必要はありません。
単純に「DVDのパワーアップしたやつ」と考えれば、不都合はないはずです。

さて、このBlu-ray Discですが、いくつかの種類があります。
一口に「Blu-ray Disc」と言っても、いろいろあるのです。
具体的には

・中を見ることはできるけど書き込むことはできないBlu-ray Disc
・1回だけ書き込むことができるBlu-ray Disc
・何回でも書き込むことができるBlu-ray Disc


などがあります。

この、いくつかある種類のうち

・何回でも書き込むことができるBlu-ray Disc

を「BD-RE」と言います。

以上を踏まえて、おそらく「BD-RE」を意図したであろう勘違いが「BD-RW」です。

気持ちは分かります。

何回でも書けるCDは「CD-RW」と言います。
何回でも書けるDVDは「DVD-RW」です。

それを知っていれば、何回でも書けるBlu-ray Disc(BD)を「BD-RW」と表記したくなりますよね。

残念なことに、何回でも書けるBlu-ray Disc(BD)は「BD-RW」ではありません。
「BD-RE」なのです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「BD-RW」って単語が出てきたら「多分『BD-RE』のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク