[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

キーストローク (keystroke)

pointこの用語のポイント

pointキーボードのキーを押すことだよ

pointあるいは、キーの沈み込む深さだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

キーストローク (keystroke)とは

キーボードのキーをぽちぽち押すこと。
あるいは

キーボードのキーをぽちっと押したときに、キーがどれくらい深く沈み込むかのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

キーボードは「コンピュータに文字入力するときに使う機械」ね。

キーストローク

キーボードをぽちぽちすることで、文字を入力します。

キーストローク2

この「キーボードをぽちぽちする」動作を指す用語が「キーストローク」です。
日本語で「打鍵」と表現される場合もあります。

キーストローク3

これが、1つ目の意味の「キーストローク」です。
キーボードをぽちぽちすることね。

さて、キーボードには、ぽちぽちするボタンが、いっぱい付いています。
このボタンを「キー」と言います。

キートップ4

キーをぽちっと押すと、キーが下に向かって沈み込みます。

キートップ5

離すと、元の高さに戻ります。

キートップ6

キーボードによって、キーの沈み込む深さが違ったりします。
ガッツリと沈むキーボードもあれば、ちょっとしか沈まないキーボードもあります。

キートップ7

この、キーの沈み込む深さを指す用語が「キーストローク」です。

ガッツリと沈む状態を指して「キーストロークが深い」と表現します。

キートップ8

反対に、ちょっとしか沈まないのであれば「キーストロークが浅い」です。

キートップ9

中には「キーストロークの深さ(キーの沈み込む深さの深さ)」と表現しちゃう人もいますけどね。
そこら辺は、ゆるく解釈してあげてください。

キーストロークが深いと「キーを押してる感」が出ます。
ぺちぺちしてる感触が分かるので、やってやってる感が味わえるでしょう。

ただし、深く押し込まないといけないので、それだけ時間と労力がかかります。
微々たる違いですけどね。
何万回も押すので、積み重なるとバカにならない違いが出てきます。

キーストロークが浅い場合は、その逆です。
時間と労力は短縮できますが、押してる感が減ります。
きちんと押せてるかどうかで不安を感じるかもしれません。

これが2つ目の意味の「キーストローク」です。
キーを押したときにキーが沈み込む深さね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「キーストローク」って単語が出てきたら「キーボードをぽちぽちすること、あるいは、キーの沈み込む深さのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク