[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コミット (commit)

pointこの用語のポイント

pointトランザクション処理の完了だよ

pointやった処理を確定させるよ

pointデーターベースの話で出てくるよ

pointあるいは「約束」とか「合意」の意味だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コミット (commit)とは

「ここからここまでワンセット」な処理(トランザクション処理)において、あれやこれやとやった結果を確定させること
です。
あるいは

ビジネス用語のひとつで「約束する」とか「合意する」とか、そんなニュアンスの用語
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「データベース」と「トランザクション」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

データベースは「データを入れておく箱」です。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

コミット

トランザクションは「ここからここまでワンセット」な処理単位です。

例えば、そうですね。
ピヨ太君がピヨピヨカンパニーに出社するとしましょう。

ピヨ太君はピヨピヨカンパニービルに到着すると

1.私服からスーツに着替える
2.タイムカードを押す
3.コーヒーを飲みながらケーキを食べる


の3つの行動をします。
この3つの行動が、ピヨ太君が出社した状態になるためにやる作業です。
いわば、ピヨ太君の「出社作業」です。

コミット2

出社作業が終わったら、ピヨ太君はピヨ太ママに「ピヨ太です。出社しました」と連絡を入れます。
これでピヨ太君は出社した状態になります。

コミット3

繰り返しになりますが、ピヨ太君の出社作業は

1.私服からスーツに着替える
2.タイムカードを押す
3.コーヒーを飲みながらケーキを食べる


の3つの行動です。

この3つの行動は、どれか一つでも欠けてはダメです。
すべての行動を一連の流れで行う必要があります。

コミット4

このような「ここからここまでワンセット」な処理単位が「トランザクション」です。
小難しい表現を使うと「分割不可な一連の処理」です。
「トランザクション」という用語は、データベースの話でよく出てきます。

コミット5

以上を踏まえて「トランザクション処理の結果を確定させる処理」が「コミット」です。

先ほどのピヨ太君の話を思い出してください。
出社作業をやっている最中は、ピヨ太君の状態は「出社中」です。
対外的には、出社したことには、なっていません。

コミット6

ピヨ太君はピヨ太ママに「出社しました」と連絡を入れました。
これでピヨ太君は、対外的にも「出社済み」になりました。

コミット7

ピヨ太ママに連絡を入れる作業がコミットに相当します。

コミット8

トランザクション処理は「ここからここまでワンセット」な処理です。
当たり前ですが、やっている途中はやりかけです。
対外的には、やったことには、なっていません。

コミットをすることによって、対外的にも、やったことになります。
トランザクション処理の結果が本体に反映されます。

一連の「ここからここまでワンセット」な処理が終わり「やるべきことはやり終わったから、やり終わったことにするよ!」と対外的に宣言するのがコミットです。

……というのが、トランザクション処理におけるコミットの説明です。
主にデータベースの話で出てきます。

あとは、ビジネス用語として「コミット」という表現が使われる場合があります。

ビジネス用語の「コミット」は「約束する」とか「合意する」とか、そんな意味のことをカッコつけて言った表現です。

コミット9

個人的には「相手が日本人なら『約束』で、いーじゃん!」と思いますけどね。
好んで使う人がいるのも事実です。
気が向いたら、覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コミット」って単語が出てきたら「やった処理の結果を確定させること、あるいは約束することなんだな~」だと、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク