[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

物理キーボード

pointこの用語のポイント

point普通のキーボードだよ

point蹴っ飛ばせるよ

point「ソフトウェアキーボード」の対義語だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

物理キーボードとは

「ハードウェアキーボード」のこと。
つまり

蹴ったり殴ったりできる、普通のキーボードのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「ハードウェアキーボード」の説明と、ほとんど同じです。既に「ハードウェアキーボード」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

「物理」+「キーボード」で「物理キーボード」です。

物理キーボード

ここで言う「物理」は「ハードウェア」のことです。
ハードウェアは「コンピュータのうち蹴っ飛ばせる部分」ね。

物理キーボード2

キーボードは「コンピュータに文字入力するときに使う機械」です。

物理キーボード3

それを踏まえて、パソコンとかにくっついている普通のキーボードが「物理キーボード」です。
直接触って、指でぽちぽちすることで、文字を入力できます。

物理キーボード4

物理キーボードは「ハードウェアキーボード」とも呼ばれます。

なんでわざわざこんな用語があるかというと「ソフトウェアキーボードスクリーンキーボード)」と呼ばれる、キーボードっぽい役目を果たすソフトウェアがあるからです。

ソフトウェアキーボードは「画面上で操作できる疑似的なキーボード」です。
画面に表示されているキーボードの絵に対してぽちぽちすることで、文字を入力できます。

物理キーボード5

物理キーボードという用語は、この「ソフトウェアキーボード」と対比されるときに使います。
それ以外は、単に「キーボード」と呼ばれることが多いでしょう。
わざわざ「物理キーボード」と言った場合は、暗に「ソフトウェアキーボードじゃないよ!」と強調していると解釈してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「物理キーボード」って単語が出てきたら「蹴っ飛ばせるキーボードなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク