[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

無線LAN親機

pointこの用語のポイント

point無線LANアクセスポイントのことだよ

point無線LANルータの場合もあるよ

point無線LANでインターネットをするときに使うよ

pointパソコンから飛んできた電波を受け取るよ

pointビビビーな電波を、線の中を通る電気信号に変換するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

無線LAN親機とは

無線LANアクセスポイントのこと。
あるいは

無線LANルータのこと。
いずれにしろ

パソコンさんから飛んできた無線LANの電波を受け取る機械のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは無線LANのあれやこれやについて簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

無線LANは「電波でビビビーな通信のやり方」ね。
インターネットっぽい通信をする際のやり方の1つです。
線(LANケーブル)の代わりに電波を使って、情報を伝えます。

無線LAN親機

無線LANを使ってインターネットをするには

1.パソコンからビビビーと発射された電波を受け取る機械
2.電波をビビビーと発射する、パソコンに付ける機械


の2つが必要です。

無線LAN親機2

この2つの役割は逆になることもあります。

1.パソコンに向けて電波をビビビーと発射する機械
2.パソコンに向けてビビビーと発射された電波を受け取る、パソコンに付ける機械


です。

無線LAN親機3

この2つの機械のうち

1.パソコンからビビビーと発射された電波を受け取る機械
(1.パソコンに向けて電波をビビビーと発射する機械)


を「無線LANアクセスポイント」と言います。

無線LAN親機4

ついでなので書いておくと

2.電波をビビビーと発射する、パソコンに付ける機械
(2.パソコンに向けてビビビーと発射された電波を受け取る、パソコンに付ける機械)


は「無線LANアダプタ」と言います。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

無線LAN親機5

さて、ここまでの話で

1.無線LANアクセスポイント
2.無線LANアダプタ


が登場しました。

無線LAN親機6

この2つの機械のうち、無線LANアクセスポイントを指す別の表現が「無線LAN親機」です。

無線LAN親機7

ついでなので書いておくと、無線LANアダプタは「無線LAN子機」と言います。

無線LAN親機8

無線LAN子機から発射された電波を受け取った無線LAN親機は、受け取ったビビビーな電波を、線(LANケーブル)の中をうねうね通る電気信号に変えます。
つまり、無線から有線に変えてあげるのです。
あとの流れはパソコンに線を挿した場合と同じです。

無線LAN親機9

あるいはビビビーだった電波を、そのまま別の無線LAN親機に向けてビビビーっと飛ばしてやります。
単純に中継してあげるわけですね。

無線LAN親機10

これが無線LAN親機のお仕事です。

どっちがで、どっちがか分からなくなりそうな人は

パソコンにくっつける方が子機

とだけ覚えておいてください。
子機じゃない方が親機です。

また、無線LANアクセスポイントの代わりに「無線LANルータ」という機械が登場することがあります。
無線LANルータは

無線LANアクセスポイント+ルータ機能

な機械です。

例えば

パソコン←→無線LANルータ←→ADSLモデムとか←→インターネットの世界

な接続になっていたとしましょう。
これは実質的に

パソコン←→無線LANアクセスポイント←→ルータ←→ADSLモデムとか←→インターネットの世界

と同じです。
無線LANの電波をパソコンとやり取りする機械は「無線LANアクセスポイント」です。
それにルータ機能が付くと「無線LANルータ」に名前が変わります。

無線LAN親機11

それに伴い、無線LANルータを指して「無線LAN親機」と表現する場合もあります。

いずれにせよ、役割は同じです。
無線LAN子機じゃない方、無線LAN子機から飛んできたビビビーな電波を受け取る機械が、無線LAN親機です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「無線LAN親機」って単語が出てきたら「パソコンから飛んできた無線LANの電波を受け取る機械なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク