[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

h抜き

pointこの用語のポイント

point「http://」を「ttp://」と書くよ

point自動でリンク化されないための措置だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

h抜きとは

リンクのURLから先頭の「h」を取って「ttp://wa3.i-3-i.info」のようにすること
です。

image piyo

詳しく書くよ

某匿名掲示板とかで昔流行りました。
先頭の「http」からhを抜いてURLを表記することを「h抜き」と言います。

自動でリンク化しないこと、転じて処理負荷の軽減やリファラ(リンク元のURL)を相手先に教えないことが目的です。

一部の掲示板や投稿型のWebサイトでは「http://wa3.i-3-i.info」のようにURLを書くと、

<a href="http://wa3.i-3-i.info">http://wa3.i-3-i.info</a>

のように自動でリンク化してくれるものがあります。

あら、便利ですね。
でもリンク化したくない場合もある訳です。

URLは教えたいけど勝手にリンク化したくない。

そんな要望に応えて登場した先人の知恵が「h抜き」なのです。
hを抜くことで自動でリンク化するプログラムが「あ~、これはURLじゃないね。じゃあリンクにしなくて良いか~」と判断します。

あとは業者広告対応として「http」がNGワード指定になっているところでURLを教えたいときに使う感じですかね。
宣伝対策として「http」が入っていると怒られるところ(「URL書いちゃ駄目よ」になっているところ)でURLを伝えたいときに使われます。

ちなみに「h抜き」はスラングに近いテクニックです。
お仕事シーンで使ったりすると「アホか、こいつは」と思われる可能性が高いのでご注意ください。

むかーし、社内WebのURLをh抜きしてメールで連絡してきた人がいて「こいつは何をしたいんだ(--?」と疑問に思ったのは良い思い出です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「h抜き」って単語が出てきたら「URLの先頭の『h』を取ることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク