[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

LIP【Windows】

pointこの用語のポイント

pointWindowsの言語パックだよ

point一部の項目を多言語対応するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

LIP【Windows】とは

後から追加することで、一部の項目を多言語対応してくれる、Windowsの言語パック(1つのソフトを日本語で使ったり英語で使ったりするためのファイル)の呼び名
です。

image piyo

詳しく書くよ

言語パックは「多言語対応するためのファイル」ね。
1つのソフトを日本語で使ったり英語で使ったりするためのファイルです。
それぞれの言語ごとのデータが収められています。

言語パックを本体にくっつけると、その言語パックに対応した言語で項目が表示されます。

例えば、日本語の言語パックをくっつければ、メニューとかが日本語になります。
英語の言語パックをくっつければ、英語で表示されます。
その他の言語も同じです。
○○語の言語パックをくっつければ、画面の表示内容が○○語になります。

LIP

また、Windowsの言語パックは「MUI」と呼ばれたりします。
Multilingual User Interface(マルチリンガル・ユーザ・インターフェイス)」の略で「MUI」です。

以上を踏まえて、Windowsの言語パックのうち、後から追加して一部の項目を多言語対応してくれるものの呼び名が「LIP」です。
Language Interface Pack(ラングエッジ・インターフェイス・パック)」の略で「LIP」らしいですが、別に覚える必要はありません。

一応、説明しておくと「ラングエッジ」の意味は「言語」です。
インターフェイス」は「くっついているところ」です。
ここでは画面に表示される内容を意図しています。
「パック」は「パッケージ」の略です。
意味は「関連する何かをひとまとめにしたもの」になります。

くっつけて適当に意訳すると「画面表示に関する言語の詰め合わせ」くらいのニュアンスになります。

LIPは「一部の項目」を多言語対応してくれる言語パックです。
対応してくれない項目は、元の言語(入っているMUIに対応する言語)で表示されます。

なお、世の中にはMUIとLIPの違いが分からない人もいるでしょう。
私も最初は分かりませんでした……というか、実は今も、いまいちハッキリとは理解できていません。
参考までに、私の理解を以下に書いておきます。
もし間違っていたら、ごめんなさい。

MUIとLIPの違いが、よく分からない人は

・MUI:日本語(標準語)で表示してくれるやつ
・LIP:日本語(方言)で表示してくれるやつ


と捉えてください。

パソコンに日本語(標準語)のMUIを入れることで、項目が日本語(標準語)で表示されるようになります。

LIP2

日本語(方言)のLIPを入れることで、一部の項目が方言で表示されるようになります。

LIP3

ただし、すべての項目が方言で表示されるわけではありません。
方言にはない言い回しなんかもあるでしょう。
方言にない言い回しは標準語で表示されます。

LIP4

あと前提として、日本語(方言)は日本語です。
ですから、日本語(標準語)のMUIが入っている必要があります。

仮に入っているMUIが英語だったとしましょう。

LIP5

その場合、日本語(方言)のLIPは入れられません。

LIP6

これがMUIとLIPの関係性です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「LIP」って単語が出てきたら「一部の項目を多言語対応してくれるWindowsの言語パックなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク