[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

デコンパイラ (decompiler)

pointこの用語のポイント

pointソフトだよ

pointプログラムからソースコードを取り出すときに使うよ

pointコンパイラの逆だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

デコンパイラ (decompiler)とは

「逆コンパイラ」のこと。
つまり

できあがっているプログラムからソースコード(プログラムの元ネタ)を取り出すときに使うソフトのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「逆コンパイラ」の説明と、ほとんど同じです。既に「逆コンパイラ」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

順番に見ていきましょう。
まずは、プログラムができあがるまでの流れから説明します。

プログラムを作る際には、まずソースコード(プログラムの元ネタ)を書きます。

デコンパイラ

このソースコードに対して「コンパイル」と呼ばれる作業を行います。
そうすると、ソースコードを元にして、実際のプログラムができあがります。

デコンパイラ2

大雑把ですが、これがプログラムを作る際の流れです。

なお、コンパイルするときに使うソフト(プログラム)は「コンパイラ」と言います。
併せて覚えておいてください。

デコンパイラ3

さて、これでプログラムができるまでの流れは分かりました。
ここで、コンパイルの部分に注目してください。

デコンパイラ4

コンパイルで行った作業を完全に逆の手順で行えば、理屈上、プログラムをソースコードに戻せるはずです。

デコンパイラ5

このように、プログラムからソースコードに戻す作業を「デコンパイル」と言います。

デコンパイルする際には、一般的には専用のソフトを使います。
このデコンパイルするときに使うソフトが「デコンパイラ」です。

デコンパイラ6

デコンパイラは、日本語で「逆コンパイラ」と呼ばれる場合もあります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「デコンパイラ」って単語が出てきたら「プログラムからソースコードを取り出すときに使うソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク