[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ワイドエリアネットワーク (WAN)

pointこの用語のポイント

point広い範囲で作られるネットワークだよ

pointよく「LAN」と比較されるよ

pointインターネットを意図している場合もあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ワイドエリアネットワーク (WAN)とは

「LAN(狭い範囲のネットワーク)」の反対
であり

広い範囲に及ぶネットワークのこと
です。
よく分からなければ

インターネットっぽいやつ
と思っても、かまいません。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「LAN」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

LANは「狭い範囲のネットワーク」です。
Local Area Network(ローカル・エリア・ネットワーク)」の略で「LAN(ラン)」です。

ワイドエリアネットワーク(WAN)

「狭い範囲ってどれくらい?もっとはっきり教えてよ」と思うかもしれませんが、結構アバウトです。
真面目な説明をしているところでは「限定された領域」だったり「広くても一施設内程度の規模」だったり、分かるような分からないような言葉で説明されていることが多かったりします。

私個人としては、ある日「よし!ネットワークを作ろう」と思い立ったとして、自分たちだけで頑張って作れそうなネットワークがLANだと考えています。
例えば社内ネットワークや学校内ネットワークなどですね。
思い立ったが吉日、自分たちでLANケーブルとかを買ってきて、えっちらおっちらと構築できるネットワークです。

ワイドエリアネットワーク(WAN)2

逆にインターネットのような大きなネットワークは、どうでしょう?
自分たちで最初から作るなんて、とんでもありません。
参加するにも「ISP」と呼ばれる業者さんと契約したり、いろいろと面倒です。
そのような大きなネットワークはLANではありません。

ワイドエリアネットワーク(WAN)3

以上を踏まえて、LANの反対、広い範囲のネットワークが「WAN(ワン)」です。
Wide Area Network(ワイド・エリア・ネットワーク)」の略で「WAN」です。

ワイドエリアネットワーク(WAN)4

並べて見るとイメージしやすいかもしれませんね。

LAN:Local Area Network(ローカル・エリア・ネットワーク)
WAN:Wide Area Network(ワイド・エリア・ネットワーク)


です。
「Local(ローカル)」と「Wide(ワイド)」の違いです。

WANは「地域単位や国単位の大きなネットワーク」を指す用語です。
例えば、東京本社と北海道支店をつなぐネットワークなどはWANと言えるでしょう。

ワイドエリアネットワーク(WAN)5

ただし、よく分からなければインターネットっぽいやつのことだと思って、かまいません。
専門職以外の人が普段生活していて目にする「WAN」という表現はインターネットを意図している場合が多いはずです。

ワイドエリアネットワーク(WAN)6

例えば、インターネットをするときに使う機械(ルータとか)の話で「WAN側」や「LAN側」といった表現が出てきます。
これらの表現は

WAN側:インターネットの方
LAN側:パソコンの方


を意図して使われています。

「LAN側からは通れるけどWAN側からは通れない」であれば「パソコンの方から(インターネットの方へ)は通れるけど、インターネットの方から(パソコンの方へ)は通れない」のような意味です。

とりあえず大雑把に理解すればOKな人は

LAN:狭い範囲で作られるネットワーク(社内ネットワークとか)
WAN:広い範囲で作られるネットワーク(インターネットっぽいやつ)


程度の理解で、かまいません。
それで困ることは少ないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ワイドエリアネットワーク(WAN)」って単語が出てきたら「広い範囲のネットワーク、もしくは、インターネットのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク