[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ワイドエリアネットワーク (WAN)

pointこの用語のポイント

point広い範囲で作られるネットワークだよ

pointインターネットのことだと思っても良いよ

point「LAN」とよく比較されるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ワイドエリアネットワーク (WAN)とは

広い範囲に及ぶネットワークのこと。
ですが、よく分からなければ

インターネットのこと
だと思っても構いません。

image piyo

詳しく書くよ

Wide Area Network(ワイド・エリア・ネットワーク)」の略で「WAN(ワン)」です。
「ワイド(Wide)」と付いているくらいなので、広い範囲のネットワークを指します。

WANは、本来の意味で言えば「地域単位や国単位の大きなネットワーク」を指す言葉です。
そのため、例えば東京本社と北海道支店をつなぐネットワークはWANと言えるでしょう。

ワイドエリアネットワーク(WAN)

ただ、よく分からなければインターネットのことだと思っても構いません。

ワイドエリアネットワーク(WAN)2

専門職以外の日常会話においては「インターネット」以外の意図で「WAN」と言う機会はあまり多くないと思います。

例えばインターネットをするときに使う機械(ルータとか)のお話で「WAN側」「LAN側」という表現が出てきます。
このときのWAN側は「インターネットの方」です。LAN側は「パソコンさんのある方」を指します。

おっと、「LAN」という言葉が出てきましたね。
せっかくなので、LANについても軽く触れておきましょう。

LANは「狭い範囲で作られるネットワーク」です。
WANが「広い範囲に及ぶネットワーク」なので、逆の意味ですね。

LANは自分たちの手で頑張って作って使うことができます。
狭い範囲なので自前で何とかできるのです。

それに対してWANは「ISP」と呼ばれる業者さんの力を借りないと作ったり使ったりできません。
WANは広範囲なので、いろいろと面倒くさいのです。

LANとWANはセットで登場する場合も多いので、まとめて覚えてしまってください。
LANが狭い範囲のネットワークで、WANが広い範囲のネットワークを意味します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ワイドエリアネットワーク(WAN)」って単語が出てきたら「広い範囲のネットワークなんだな~、もしくは、インターネットのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク