[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

SMTP

pointこの用語のポイント

point通信プロトコルだよ

pointメールを送信するときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

SMTPとは

通信するときに使うお約束事(通信プロトコル)のひとつ
であり

メール送信に関するお約束事
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「メール」と「通信プロトコルプロトコル)」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

メールは「電子メール」の省略表現で「パソコンさんの世界のお手紙機能」です。
とはいえ、普通に「メール」って言えば分かりますよね?

SMTP

通信プロトコルプロトコル)は「通信をするときに使うお約束事」です。

通信をするときには、足並みを揃える必要があります。
片方が日本語で話しかけたのに、もう一方が英語でお返事をしたのでは、コミュニケーションが成り立ちませんよね。
それと同じです。

SMTP2

そこで「○○通信をするときは××なお約束事に従ってやり取りしようね」と事前に決まっています。
言い方を変えると

通信をするときには、お約束事が必要

なのです。

この「通信するときに使うお約束事」を「通信プロトコル(プロトコル)」と言います。

以上を踏まえて、いろいろある通信プロトコルのひとつで、メールを送信するときに使うお約束事が「SMTP」です。

SMTP3

Simple Mail Transfer Protocol(シンプル・メール・トランスファー・プロトコル)」の略で「SMTP」ですが、別に覚える必要はありません。
覚えていても、たいして役に立たないと思います。

SMTPはOSI参照モデルアプリケーション層にあたるプロトコルで、うんちゃらかんちゃら。
一応書いてみましたが、あまり気にする必要はありません。
「メール送信で使うお約束事」とさえ覚えておけば、特に困ることはないはずです。

SMTPは、その名の通り、とてもシンプルなお約束事です。
シンプルなので、認証機能とかは、ありません。
誰でも好きにメールを送れます。

これは、ちょっと、よろしくないですよね?
誰でもメールを送れたら、身元を隠したスパムメール(迷惑メール)とかも出し放題です。

そのため最近は、誰でもメールを送れる形のSMTPを、そのままでは使いません。
POP before SMTPSMTP-AUTHといった形で、身元が明らかな人だけメールを送れるようにします。

なお、POP before SMTPは「受信できる人だけ送っていーよ」方式の認証のやり方です。
「メールを受信できる人は悪い人じゃないよね?」な考え方から生まれた仕組みです。
POP before SMTPの詳細は用語「POP before SMTP」の説明をご覧ください。

SMTP4

SMTP-AUTHは「お前の名前を言ってみろ」方式の認証のやり方です。
特に難しいことはありません。
メールを送るときに、普通にIDパスワードで認証を行うやり方です。
SMTP-AUTHの詳細は用語「SMTP-AUTH」の説明をご覧ください。

SMTP5

現在では認証を経由した後でメール送信を行うのが一般的です。
「全然シンプルじゃねーじゃん!」と、ぶーたれないでくださいね。
昔はシンプルだったのです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「SMTP」って単語が出てきたら「通信する上でのお約束事のひとつで、メール送信に関するお約束事なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク