[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

異体字

pointこの用語のポイント

point表記方法が本来のものとは異なる漢字だよ

point文字化けの原因になりかねないやつだよ

point「はしご高」とか「たつさき」とか「つちよし」とかだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

異体字とは

「はしご高」とか「たつさき」とか「つちよし」とかのこと。
もう少し辞書的な書き方をすると

意味や読み方は普通だけど表記が本来のものとは異なる漢字で、文字化けの原因になったりするやつ
です。

image piyo

詳しく書くよ

IT用語ではありませんが、意識しておく必要があるので取り上げておきます。

意味や読み方は普通だけど、書き方が本来のものとは異なる漢字が「異体字」です。

異体字の有名どころは「はしご高」「たつさき」「つちよし」でしょう。

はしご高は「高」の上の「口」が「目」になっている漢字です。

異体字

たつさきは「崎」の上の「大」が「立」になっている漢字です。

異体字2

つちよしは「吉」の上の「士」が「土」になっている漢字です。
牛丼の「吉野家」の「吉」ですね。

異体字3

「渡辺」の「辺」の難しい版や「斉藤」の「斉」の難しい版も異体字です。
他にも、いろいろあります。

なぜコンピュータ関係で異体字を意識する必要があるかというと、環境によっては文字化けするからです。
ちなみに、文字化けは、文字通り「文字が化けること」ね。

異体字4

昔は「作る人」が意識しておけば、それで済みました。
最近は「使う人」も意識しておく必要があります。

特に、年賀状です。
年賀状の宛名をパソコンから直接印刷している人も多いでしょう。

名字には異体字が使われていることも少なくありません。
「作る人」が気を付けているはずなので基本的には大丈夫だと思いますが、念のため、投函する前に確認してあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「異体字」って単語が出てきたら「文字化けの原因になりそうな、表記が本来とは異なる漢字なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク