[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ローカルエリアネットワーク (LAN)

pointこの用語のポイント

point狭い範囲で作られるネットワークだよ

pointインターネットじゃないネットワークだよ

point「WAN」とよく比較されるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ローカルエリアネットワーク (LAN)とは

内輪なネットワークのこと。
もう少し真面目に書くと

狭い範囲で作られるネットワークのこと
です。
よく分からなければ

インターネットじゃないネットワークのこと
だと思っても構いません。

image piyo

詳しく書くよ

Local Area Network(ローカル・エリア・ネットワーク)」の略で「LAN(ラン)」です。
「ローカル(Local)」と付いているくらいなので、狭い範囲のネットワークを指します。

「狭い範囲ってどれくらい?もっとはっきり教えてよ」と思うかもしれませんが、結構アバウトです。
真面目な説明をしているホームページでは「限定された領域」だったり「広くても一施設内程度の規模」だったり、分かるような分からないような言葉で表示されていることが多いです。

私個人としては、ある日「よし!ネットワークを作ろう」と思い立ったとして、自分たちだけで頑張って作れそうなネットワークがLANだと考えています。
例えば社内ネットワークや学校内ネットワークなどですね。
思い立ったが吉日、自分たちでLANケーブルとかを買ってきて、えっちらおっちらと構築することができるでしょう。

ローカルエリアネットワーク(LAN)

逆にインターネットのような大きなネットワークはどうでしょう?
自分たちで最初から作るなんてとんでもないですし、参加するためにもISPさんと契約したりいろいろ面倒ですよね。
このような大きなネットワークは「WAN」と呼ばれます。

ローカルエリアネットワーク(LAN)2

よく分からなければ、インターネットがWANで、そうじゃないのがLANだと思っても構いません。

ある日隕石が降ってきました。

ローカルエリアネットワーク(LAN)3

インターネットの世界が滅亡しちゃいました。

ローカルエリアネットワーク(LAN)4

それでもつながりそうなネットワークがLANです。

ローカルエリアネットワーク(LAN)5

LANとWANはセットで登場する場合も多いので、まとめて覚えてしまってください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ローカルエリアネットワーク(LAN)」って単語が出てきたら「狭い範囲のネットワークなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク