[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

無線LANアクセスポイント

pointこの用語のポイント

point無線LANでインターネットをするときに使うよ

pointパソコンから飛んできた電波を受け取るよ

pointビビビーな電波を、線の中を通る電気信号に変換するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

無線LANアクセスポイントとは

パソコンさんから飛んできた無線LANの電波を受け取る機械のこと。
ちょっと違いますが

ビビビーだった電波を、線の中を通る電気信号に変換する機械
と考えても構いません。

image piyo

詳しく書くよ

無線LANは「電波でビビビーな通信のやり方」ね。
インターネットっぽい通信をする際のやり方の1つです。
線(LANケーブル)の代わりに電波を使って、情報を伝えます。

無線LANアクセスポイント

無線LANを使ってインターネットをするには

1.パソコンからビビビーと発射された電波を受け取る機械
2.電波をビビビーと発射する、パソコンに付ける機械


の2つが必要です。

無線LANアクセスポイント2

この2つの役割は逆になることもあります。

1.パソコンに向けて電波をビビビーと発射する機械
2.パソコンに向けてビビビーと発射された電波を受け取る、パソコンに付ける機械


です。

無線LANアクセスポイント3

この2つの機械のうち

1.パソコンからビビビーと発射された電波を受け取る機械
(1.パソコンに向けて電波をビビビーと発射する機械)


が「無線LANアクセスポイント」です。

無線LANアクセスポイント4

ついでなので書いておくと

2.電波をビビビーと発射する、パソコンに付ける機械
(2.パソコンに向けてビビビーと発射された電波を受け取る、パソコンに付ける機械)


は「無線LANアダプタ」と言います。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

無線LANアクセスポイント5

パソコンさんから発射された電波を受け取った無線LANアクセスポイントさんは、受け取ったビビビーな電波を、線(LANケーブル)の中をうねうね通る電気信号に変えます。
つまり、無線から有線に変えてあげるのです。
あとの流れはパソコンに線を挿した場合と同じです。

無線LANアクセスポイント6

あるいはビビビーだった電波を、そのまま別の無線LANアクセスポイントに向けてビビビーっと飛ばしてやります。
単純に中継してあげるわけですね。

無線LANアクセスポイント7

これが無線LANアクセスポイントさんのお仕事です。

ところで

無線LANルータ」と「無線LANアクセスポイント」は何が違うんだ?

と疑問を感じる人がいるはずです。
確かに無線LANルータの説明で

パソコン←→無線LANルータ←→ADSLモデムとか←→インターネットの世界

と書きました。
「あれ?パソコンから出たビビビーは無線LANルータが受け取るんじゃねーの?」と考えるのも自然なことです。

その謎を今ここで解きましょう。

実は無線LANルータという機械は

無線LANアクセスポイント+ルータ機能

なのです。

つまり

パソコン←→無線LANルータ←→ADSLモデムとか←→インターネットの世界

は実際には

パソコン←→無線LANアクセスポイント←→ルータ←→ADSLモデムとか←→インターネットの世界

になります。

無線LANアクセスポイント8

無線LANの電波をパソコンとやり取りする機械は「無線LANアクセスポイント」です。
それにルータ機能が付くと「無線LANルータ」に名前が変わります。

実際に市販されている物は無線LANルータが多いですけどね。
「無線LANアクセスポイントが欲しいんだよ!」な場合は、無線LANルータのルータ機能を無効にして、無線LANアクセスポイントとして使います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「無線LANアクセスポイント」って単語が出てきたら「パソコンから飛んできた無線LANの電波を受け取る機械なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク