[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

外字エディター【Windows】

pointこの用語のポイント

pointオリジナルの文字や記号を作成する機能だよ

pointWindowsに付いてるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

外字エディター【Windows】とは

Windowsに最初からくっついている、コンピュータに登録されていない独自の文字や記号を、ちまちま作って登録する機能のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

外字は「後から追加された文字」ね。

外字エディター

ここでは「オリジナルの文字や記号」と解釈してください。
市民権を得て世界中のパソコンに入った外字もありますが、今回登場する外字は、あなたが勝手に作った文字を指します。

以上を踏まえて、Windowsに標準でくっついている、外字を作って登録する機能が「外字エディター」です。

外字エディター2

Windows 7を例に説明すると

スタート
 ↓
すべてのプログラム
 ↓
アクセサリ
 ↓
システム ツール
 ↓
外字エディター


と移動することで起動します。

外字エディターの実行ファイルプログラムファイル)は「eudcedit.exe」です。
私の環境(Windows 7 64bit)では、以下の場所にありました。

%systemroot%\system32\eudcedit.exe

変な場所にある場合は、ご注意ください。
もしかして、もしかしたら、ウイルスかもしれません。
気になるようでしたら、ウィルススキャンをしてあげてください。

外字エディターは、オリジナルの文字を作って、パソコンに登録する機能です。

作ったオリジナルの文字は、登録したパソコンでしか使えません。
つまり、最初は、作ったあなたのパソコンでしか使えないということです。

例えば、メールに書いて他の人に送っても、受け取った人は読めません。
あなたの作ったオリジナルの文字が登録されていないからです。

外字エディター3

登録した外字を使用するときは、気を付けてくださいね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「外字エディター」って単語が出てきたら「独自の文字や記号を作って登録する機能なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク