[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

復元ポイント

pointこの用語のポイント

pointWindowsのバックアップだよ

pointシステム的なファイルを保存するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

復元ポイントとは

Windowsのシステム的なファイルをバックアップしたもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「Windowsバックアップ」が「復元ポイント」です。

復元ポイント

マイクロソフトさんのホームページには

復元ポイントは、コンピューターのシステム ファイルの過去の状態を保存したものです。復元ポイントを使用して、コンピューターのシステム ファイルを過去のある時点の状態に復元できます。

と書いてありました。
ポイントは

システム ファイルの過去の状態を保存したもの

ですね。

「システム ファイル」が、よく分からない人は「Windowsで必要なファイル」くらいに解釈してください。
「システムファイル」という用語自体には、いろいろな意味がありますが、ここでは「(Windowsの)システム(で使う)ファイル」を意図しています。

それを踏まえて、復元ポイントを使う例を見てみましょう。

例えば、ピヨ太君が1月1日に復元ポイントを作成したとします。
この時点で、1月1日時点のWindowsの状態が、どこかにバックアップされます。

復元ポイント2

1月7日に、アクマ君からもらったソフトを、パソコンに入れました。

復元ポイント3

そうしたら、パソコンがおかしなことになりました。

復元ポイント4

でも、大丈夫です。

ピヨ太君は、1月1日に作った復元ポイントをパソコンさんに適用します。
そうすると、パソコンさんは、何となく1月1日の状態に戻るのです。

復元ポイント5

これで、パソコンさんはおかしくなる前の状態に戻りました。
めでたし、めでたし。

これが復元ポイントの使い方です。
コンピュータに適用することによって、時間を巻き戻します。

ただし、復元ポイントの扱いには、大事な注意事項があります。

復元ポイントをコンピュータに適用すると、Windows自体は復元ポイントを作成した状態に戻ります。
ところがどっこい、自分で作ったファイル等は戻りません。
現在の状態が、そのまま維持されます。

つまり、状況次第では矛盾が発生する可能性があるのです。

そのため、個人的には、気休めに近い機能だと考えています。
復元ポイントを使って、あれこれするよりも

1.大事なファイルは個別にバックアップを取っておく
2.おかしくなったら工場出荷時の状態に戻す


方が好みです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「復元ポイント」って単語が出てきたら「Windowsのバックアップなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク