[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

無線LANルータ

pointこの用語のポイント

pointルータだよ

point無線LANでインターネットをするときに使うよ

point無線LANアクセスポイント+ルータ機能だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

無線LANルータとは

無線LAN用の(ブロードバンド)ルータのこと。
もう少し正確に書くと

無線LANアクセスポイントにルータ機能が付いた機械
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

無線LANは「電波でビビビーな通信のやり方」ね。
インターネットっぽい通信をする際のやり方の1つです。
線(LANケーブル)の代わりに電波を使って、情報を伝えます。

無線LANルータ

無線LANを使ってインターネットをするには

1.パソコンからビビビーと発射された電波を受け取る機械
2.電波をビビビーと発射する、パソコンに付ける機械


の2つが必要です。

無線LANルータ2

この2つの役割は逆になることもあります。

1.パソコンに向けて電波をビビビーと発射する機械
2.パソコンに向けてビビビーと発射された電波を受け取る、パソコンに付ける機械


です。

無線LANルータ3

この2つの機械のうち

1.パソコンからビビビーと発射された電波を受け取る機械
(1.パソコンに向けて電波をビビビーと発射する機械)


を「無線LANアクセスポイント」と言います。

無線LANルータ4

ついでなので書いておくと

2.電波をビビビーと発射する、パソコンに付ける機械
(2.パソコンに向けてビビビーと発射された電波を受け取る、パソコンに付ける機械)


は「無線LANアダプタ」です。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

無線LANルータ5

これが無線LAN関係の予備知識です。
次に、ルータ関連の用語を説明します。

ルータは「ネットワークを中継する機械」です。
データの中に含まれるIPアドレスを見て、データの行先を振り分けます。

無線LANルータ6

ブロードバンド」という用語も覚えておいてください。
ブロードバンドは「昔に比べて速くなったぜ!」な通信回線です。
ADSLとか光回線を指します。
「低速な通信回線」を意味する「ナローバンド」の対義語です。
よく分からなければ、インターネットのことだと思っても構いません。

無線LANルータ7

それを踏まえて、ADSLや光回線を使ってインターネットをするときに使うルータを「ブロードバンドルータ」と言います。
ブロードバンドルータは

インターネットの世界(WAN



お家や会社の中の世界(LAN

を中継する機械です。

・1つの回線を使って
・2台以上のパソコンで


同時にインターネットをするときに必要です。

無線LANルータ8

ブロードバンドルータの詳細は用語「ブロードバンドルータ」の説明をご覧ください。

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、無線LAN用の(ブロードバンド)ルータが「無線LANルータ(ムセンランルータ)」です。
無線LANルータを混ぜたネットワークの構成は

パソコン←→無線LANルータ←→ADSLモデムとか←→インターネットの世界

になります。

無線LANルータ9

ただし、無線LANルータは

無線LANアクセスポイント+ルータ機能

な機械です。

つまり

パソコン←→無線LANルータ←→ADSLモデムとか←→インターネットの世界

は実質的に

パソコン←→無線LANアクセスポイント←→ルータ←→ADSLモデムとか←→インターネットの世界

と同じになります。

無線LANルータ10

無線LANの電波をパソコンとやり取りする機械は「無線LANアクセスポイント」です。
それにルータ機能が付くと「無線LANルータ」に名前が変わります。

実際に市販されている物は無線LANルータが多いですけどね。
「無線LANアクセスポイントが欲しいんだよ!」な場合は、無線LANルータのルータ機能を無効にして、無線LANアクセスポイントとして使います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「無線LANルータ」って単語が出てきたら「無線LAN用のルータなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク