[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

チェインケース (chain case)

pointこの用語のポイント

point変数名とかの表記方法だよ

point単語間をハイフンでつなげるよ

point「first-disp-time」みたいな書き方だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

チェインケース (chain case)とは

単語間をハイフンでつなげる表記方法のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

変数名の付け方の話で、たま~~~~~~~~~に出てきます。

例えば

hoge-data

のように、単語間をハイフンでつなげる表記法が「チェインケース」です。
単語を鎖(chain)でつないだイメージなのでしょうね。

変数には分かりやすい名前を付けるのが基本です。
ちなみに変数は「プログラミング言語における値を入れておく箱」ね。

チェインケース

自分しか見ない趣味のプログラムであれば、変数名は「a」とか「b」でも良いでしょう。
自分の好みに合わせて、好きなように付けてください。

ですが、お仕事で作るプログラムでは話が別です。
他の人も中身を見る場合には「tel」や「address」のような、名前を見れば中身を推測できる変数名を付けるべきです。

これは前提として考えてください。
「いやいや、変数名なんて何でもいいっしょ!」という意見をお持ちの人もいるかもしれませんが……うっせ!へぼプログラマ呼ばわりされたくなかったら黙って従え!(#゚д゚)

おっと、思わず本音が漏れてしまいました。
とにかく、お仕事で作るプログラムであれば特に、変数名は分かりやすい名前を付けるのが基本です。

さて、それでは分かりやすい名前を付けていきましょう。
「電話番号」を入れる変数の名前は「tel」で良いですよね。
「住所」を入れる変数は「address」にしましょう。
「郵便番号」は「zip code」ですね。

はい、ここで問題が発生しました。

一般的なプログラミング言語の場合、変数名に半角スペースは使えません。
「zip code」という名前は付けられないのです。

仕方がありませんね。
半角スペースを取って「zipcode」にしましょうか。

これはこれで、まぁ、良しとしましょうか。
それでは次にいきましょう。

「最初に表示した時刻」を入れる変数の名前です。
「first disp time」で、半角スペースを取って「firstdisptime」にしましょうか?

これは、ちょっとイマイチです。
パッと見で意味が掴めません。

そこで、先人たちは知恵を絞って、単語の区切りを表現しました。
その、単語の区切りを表現するやり方の一つが、チェインケースです。
チェインケースでは、ハイフンでつなぐことで、単語の区切りを表現します。

例えば「zipcode」は

zip-code

です。
「firstdisptime」は

first-disp-time

になります。

いかがでしょう?
全部の文字を小文字でつなげて書いたときより、見やすいですよね?

とはいえ、チェインケースは、あまり使われません。
私が現実的によく見るのは、HTMLファイルホームページファイル)におけるid名とかclass名くらいです。

ハイフンは、基本的に引き算を意味する演算記号です。
そのため、プログラミング言語によっては、変数名にハイフンが使えなかったりします。

PHPというプログラミング言語を例に説明しましょう。
PHPでは、変数名の最初に「$」を付ける決まりになってます。
例えば

$hensu

のように書くのです。
ですから、変数「zip-code」を用意しようとすると

$zip-code

と書くことになります。

これが問題です。

この記述を、コンピュータさんは

変数「$zip-code」

と解釈してはくれません。

$zip - code

つまり

変数「$zip」から「code」を引いてね

と解釈します。

そして、エラーになります。

このようなことを、いちいち意識するのは面倒くさいですよね。
ですから、変数名にハイフンを使わない癖が付いているプログラマも少なくありません。

結果として、チェインケースが話題に挙がることが少なくなるのです。

ちなみに、変数名の話でよく登場する用語は、キャメルケーススネークケースです。

キャメルケースは「単語の先頭を大文字にしてつなげる表記方法」です。
例えば「zipcode」は

zipCode

と書きます。

スネークケースは「単語間をアンダースコアでつなげる表記方法」です。
例えば「zipcode」は

zip_code

と書きます。

せっかくなので、キャメルケースとスネークケースも覚えてあげてください。

・チェインケース:単語間をハイフンでつなぐ
・キャメルケース:単語の先頭を大文字にする
・スネークケース:単語間をアンダースコアでつなぐ


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「チェインケース」って単語が出てきたら「単語間をハイフンでつなげる表記法なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク