[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

パスカルケース (pascal case)

pointこの用語のポイント

point変数名とかの表記方法だよ

point単語の先頭を大文字にしてつなげるよ

point最初の文字を大文字にするよ

point「アッパーキャメルケース」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

パスカルケース (pascal case)とは

「アッパーキャメルケース」のこと。
つまり

「FirstDispTime」のように最初の文字を大文字にしたキャメルケース(単語の先頭を大文字にしてつなげる表記方法)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「キャメルケース」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

キャメルケースは「単語の先頭を大文字にしてつなげる表記方法」です。
変数名の付け方の話で、よく出てきます。

パスカルケース

例えば「zip code」であれば

zipCode

と表現します。
「first disp time」であれば

firstDispTime

です。

単に「zipcode」や「firstdisptime」と書くより見やすいですよね。
単語の先頭を大文字にすることで単語間の区切りを表現する書き方です。

以上がキャメルケースの説明です。

さて、そんなキャメルケースですが先頭の文字に注目してください。

パスカルケース2

単語の先頭を大文字にするのは、単語間の区切りを表現するためです。
であれば、別に最初の文字は大文字にする必要がない気もします。
とはいえ、最初の単語だけ小文字で始まるのも統一性に欠けますよね。

firstDispTime



FirstDispTime

どっちが正しいのでしょうか?

正解は「どっちでも正しい」です。
こまけぇこたぁいいんだよ!!

そんな「こまけぇ」ことではありますが、一応、それぞれに名前が付いています。

以上を踏まえて、先頭を大文字にするキャメルケースが「パスカルケース」です。
アッパーキャメルケース」と呼ばれる場合もあります。

パスカルケース3

例えば

FirstDispTime

のような書き方がパスカルケースですね。

ちなみに、先頭を小文字にする書き方は「ローワーキャメルケース」と言います。

パスカルケース4

例えば

firstDispTime

のような書き方です。

せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

■パスカルケース(アッパーキャメルケース)
 「FirstDispTime」のような書き方
 先頭が大文字なキャメルケース

■ローワーキャメルケース
 「firstDispTime」のような書き方
 先頭が小文字なキャメルケース


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「パスカルケース」って単語が出てきたら「先頭の文字を大文字にするキャメルケースなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク