[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ワープロソフト

pointこの用語のポイント

pointソフトだよ

point文書ファイルを編集するときに使うよ

point文章を装飾できるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ワープロソフトとは

文字の大きさとか色を変えたり、図表を入れたりもできる、文書ファイルを編集するときに使うソフトのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

文書ファイルは「中を見ると文字がずらずらっと並んでいるファイル」ね。
けっこう大雑把な使われ方をする用語ですが、例えば、Wordで作ったファイルなんかは文書ファイルです。

ワープロソフト

それを踏まえて、文書ファイルを作ったり、中身を見たり、内容を編集したりするときに使うソフトが「ワープロソフト」です。

ワープロソフト2

ワープロソフトの有名どころは、Wordや一太郎ですかね。
Windows付属のワードパッドなんかも、ワープロソフトに分類されます。

ワープロソフト3

「ワープロソフトとは何ぞや?」を考えたときに、多くの人が最初に悩むのは、テキストエディタとの違いでしょう。

ちなみに、テキストエディタは「テキストファイル(中身が文字だけのファイル)を編集するときに使うソフト」ね。
例えば、Windows付属のメモ帳は、テキストエディタです。

ワープロソフト4

ワープロソフトとテキストエディタの違いを考える際のポイントは、文字以外の情報です。

ワープロソフトでは、文字の色や大きさを変えることが可能です。
文字を赤くしたり大きくしたりできます。

ワープロソフト5

文書の中に、画像や図表を入れ込んだりもできます。

ワープロソフト6

これらのことが、テキストエディタではできません。

ワープロソフト7

なぜなら、色や大きさなどの情報は文字ではないからです。

よって、私は

入力した文字の色を好きに変えられる → ワープロソフト
・入力した文字の色を変えられない → テキストエディタ


と解釈しています。

もしかしたら、例外があるかもしれませんけどね。
基本的には、そのような認識で問題ないはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ワープロソフト」って単語が出てきたら「文書ファイルを編集するときに使うソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク