[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

wordpad.exe

pointこの用語のポイント

pointWindows付属のワープロソフト「ワードパッド」の実行ファイルだよ

point私の環境では「C:\Program Files\Windows NT\Accessories\wordpad.exe」と「C:\Program Files (x86)\Windows NT\Accessories\wordpad.exe」にあったよ

pointスタートメニューに登録されていたのは「C:\Program Files\Windows NT\Accessories\wordpad.exe」の方だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

wordpad.exeとは

Windowsに最初からくっついているワープロソフト「ワードパッド」の実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

ワードパッドは「Windows付属のワープロソフト」ね。
文書ファイルを作るときに使うソフトです。

wordpad.exe

実行ファイル」の説明もしておきましょう。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

wordpad.exe2

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、Windows付属のワープロソフト「ワードパッド」の実行ファイルが「wordpad.exe」です。
「wordpad.exe」をダブルクリックすると、ワードパッドが起動します。

私の環境(Windows 7 64bit)では「wordpad.exe」は以下の場所にありました。

C:\Program Files\Windows NT\Accessories\wordpad.exe

C:\Program Files (x86)\Windows NT\Accessories\wordpad.exe

2つありますね。
スタートメニューに登録されているのは

C:\Program Files\Windows NT\Accessories\wordpad.exe

の方です。

2つの違いは64bit版用か32bit版用かです。
「(x86)」が付いている方が32bit版です。
付いていない方が64bit版になります。

32bitとか64bitとか、よく分からない人は、気にする必要はありません。
よっぽど古いパソコンでない限り、64bitの方を使っておけば問題ないと思います。

そもそもの話として、普通にパソコンを使っていて「wordpad.exe」自体を直接目にする機会は、あまりないはずです。
もし変なところで見かけた場合は、ご注意ください。
もしかして、もしかしたら、ウイルスかもしれません。
念のため、ウィルススキャンをしてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「wordpad.exe」って単語が出てきたら「Windows版ワードパッドの実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク