[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ワードパッド (wordpad)

pointこの用語のポイント

pointワープロソフトだよ

pointWindowsに付いてるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ワードパッド (wordpad)とは

メモ帳とWordの中間くらいのやつ。
もう少し具体的に書くと

Windows付属のワープロソフトのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

Windowsに標準でくっついている、Wordっぽいことができるソフトが「ワードパッド」です。
いわゆる「ワープロソフト」というやつに分類されます。

ワードパッド

作成するファイルは、何も考えないで、そのまま保存すると「リッチテキスト」という形式になります。

リッチテキストは、リッチなテキスト、もとい「マイクロソフトさんが決めた文書に関するお約束事(書式)」です。

ワードパッド2

リッチテキストは「こんなルールに従って書けば、こんな装飾にしよう」なマイクロソフトさん独自のマイルールです。
このルールに従ったファイルにすれば、ワードパッドで開いたときに、文字が装飾された状態で表示されます。
ちなみに、リッチテキスト形式の場合、拡張子は「.rtf」であることが多いです。

ワードパッド3

ワードパッドは文章を書くときに使います。
文章を書くと言えば「メモ帳」なんてソフトもありましたね。

ワードパッド4

ワードパッドとメモ帳は何が違うのでしょう?

ワードパッドとメモ帳の違いは、大雑把に言えば、文字に色を付けたりできるかです。

メモ帳は「テキストエディタ」と呼ばれるソフトです。
テキストファイル(中身が文字だけのファイル)を編集するときに使います。

ポイントは「中身が文字だけ」です。

例えば「文字の色は何色にしよ~」や「文字の大きさはどれくらいにしよ~」は文字ではありません。
だから文字の装飾とかはできないのです。

それに対して、ワードパッドは「ワープロソフト」と呼ばれるソフトです。
こちらは、文字以外の情報も、こっそり扱っています。
上でも例に挙げた文字の色や大きさ、その他、画像を差し込んだとか、図を書いたとか、そんな情報も保持します。

少し話がそれますが、Wordもワープロソフトです。
文字の色や大きさを変えたり、図表を入れたりとかできますよね?

ですから、ワードパッドはWordの仲間と言えます。
ただし、Wordほど高機能ではありません。
そのため、個人的には「メモ帳とWordの中間くらいのやつ」と解釈しています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ワードパッド」って単語が出てきたら「Windowsについているワープロソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク