[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ブロードバンドルータ (broadband router)

pointこの用語のポイント

pointルータだよ

pointインターネットをするときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ブロードバンドルータ (broadband router)とは

ADSLとか光回線でインターネットをするときに使うルータ(ネットワークを中継する機械)。
もう少しざっくり書くと

インターネットをするときに使うルータ
です。

image piyo

詳しく書くよ

ブロードバンド」+「ルータ」で「ブロードバンドルータ」です。

ブロードバンドルータ

ブロードバンドは「昔に比べて速くなったぜ!」な通信回線ね。
「低速な通信回線」を意味する「ナローバンド」の対義語です。
ADSLとか光回線を指します。
よく分からなければ、インターネットのことだと思っても構いません。

ブロードバンドルータ2

ルータは「ネットワークを中継する機械」です。
データの中に含まれるIPアドレスを見て、データの行先を振り分けます。

ブロードバンドルータ3

つまり、インターネットをするときに使うルータが、ブロードバンドルータです。

ブロードバンドルータはルータです。
だから、中継します。

何と何を中継するのか?

インターネットの世界(WAN



お家や会社の中の世界(LAN

です。
インターネットの世界とそれ以外のネットワークの橋渡しが、ブロードバンドルータさんのお仕事です。

ブロードバンドルータ4

ブロードバンドルータは

・1つの回線を使って
・2台以上のパソコン


同時にインターネットをするときに必要です。

パソコンが1台だけであれば、ブロードバンドルータは必要ありません。
1つの回線を2台以上のパソコンで一緒に使うときに必要です。

試しに、ブロードバンドルータを使わないで、2台のパソコンをインターネットにつないだと仮定しましょう。
使う回線は1つです。
それぞれのパソコンから出た線(2本の線)は途中で1本に合体します。

ブロードバンドルータ5

データがパソコンさんから出ていくときは問題ありません。
それぞれのパソコンから「おらー!行ってこーい!」と送り出せば良いだけです。

ブロードバンドルータ6

それでは、パソコンに入ってくるデータはどうでしょうか?

線は途中で枝分かれしています。
どちらに行けば良いのか、分からなくなっちゃいますよね?
途中で迷子になってしまいます。

ブロードバンドルータ7

ブロードバンドルータさんは、これを何とかしてくれる機械です。
入ってきたデータに対して「おまえはあっちへ行け」「君はこっちだよ」と指示してくれます。

ブロードバンドルータ8

実際には他にもいろいろやってくれていますけどね。
取りあえず

・インターネットの世界との橋渡し役
・2台以上のパソコンで同時にインターネットをするときに必要


の2点を覚えておいてください。

ブロードバンドルータが必要なのは「他のネットワークを」インターネットの世界とつなぐときです。

パソコンが2台以上つながっていれば、それはネットワークと呼べるでしょう。
ですから、2台以上のパソコンで同時にインターネットをやりたければ、ブロードバンドルータが必要です。

ブロードバンドルータ9

パソコンが1台だけであれば、それはネットワークでは、ありません。
ブロードバンドルータがなくてもインターネットができます。

ブロードバンドルータ10

ただし「パソコンが1台の場合は、ブロードバンドルータを使っちゃダメ!」ということはありません。
将来的にパソコンを増やすかもしれないのであれば、最初に付けてしまうのもありだと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ブロードバンドルータ」って単語が出てきたら「インターネットをするときに使うルータなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク