[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

左Alt

pointこの用語のポイント

pointAltキーだよ

point2つあるうちの左側の方だよ

pointあまり使わない表現だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

左Altとは

キーボードに2つくっついているAltキーのうち左側にあるAltキーのこと……を意図した表現だとは思うけど普通は使わない表現だよ、のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

パソコンからこのページを見ている方は、目線をキーボードに落としてみてください。
キーボードのどこかに「Alt」と書かれたキーがあるはずです。

左Alt

この「Alt」と書かれたキーを「Altキー(オルトキー)」と言います。
他のキーと一緒に押すことで、小技を発動できるキーです。

さらに、じーっとキーボードを眺めてください。
Altキーが2つありませんか?

おそらく、キーボードの左下と右下に、それぞれAltキーがくっつているはずです。

左Alt2

この2つのAltキーのうち、右側のAltキーを指して「右Alt」と表現する場合があります。

左Alt3

右側のAltキーは、右Altです。
だったら、左側のAltキーは、左Altですよね?

左Alt4

そのような意図で言ったであろう表現が「左Alt」です。

とはいえ、普通は「左Alt」という表現は使いません。

・左のAltキー → Alt(Altキー)
・右のAltキー → 右Alt


と呼び分けます。

ぶっちゃけですね。
Altキーみたいに、あまり使わないキーは、2つもいりません。
1つで十分、事足ります。

そこで、人によっては、右のAltキーに別の機能を割り当てたりします。
左のAltキーは本来のAltキーとして使いますが、右のAltキーは別の役割のキーとして使うのです。

そうすると、左のAltキーと右のAltキーは、別のキーとして識別する必要が出てきます。
その識別のために「右Alt」という表現があるのです。

単に「Altキー」と言った場合、普通は「Altキーとしての役割を果たすキー」を指します。
右側のキーに別の機能を割り当てた場合は、左側のAltキーのことです。
右側のキーに別の機能を割り当てていない場合は、左右どちらかのAltキーのことです。

つまり「Altキー」と言えば「左側のAltキー」もしくは「左右のAltキー」を指します。
わざわざ「左側のキーですよ!」と注釈をつける必要はありません。

強いて言えば「右Altじゃない方!」と強調したくて「左Alt」と表現する場合は、あるかもしれませんけどね。
それ以外は、単に「Altキー」と表現しても、誤解なく伝わるはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「左Alt」って単語が出てきたら「左側にあるAltキーのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク