[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

右Alt

pointこの用語のポイント

pointAltキーだよ

point2つあるうちの右側の方だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

右Altとは

キーボードに2つくっついているAltキーのうち、右側にあるAltキーのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

パソコンからこのページを見ている方は、目線をキーボードに落としてみてください。
キーボードのどこかに「Alt」と書かれたキーがあるはずです。

右Alt

この「Alt」と書かれたキーを「Altキー(オルトキー)」と言います。
他のキーと一緒に押すことで、小技を発動できるキーです。

さらに、じーっとキーボードを眺めてください。
Altキーが2つありませんか?

恐らく、キーボードの左下と右下に、それぞれAltキーがくっつているはずです。

右Alt2

この2つのAltキーのうち、右側のAltキーを指した表現が「右Alt」です。

右Alt3

ぶっちゃけですね。
Altキーみたいに、あまり使わないキーは、2つもいらないのです。
1つで十分、事足ります。

そこで、人によっては、右のAltキーに別の機能を割り当てたりします。
左のAltキーは本来のAltキーとして使いますが、右のAltキーは別の役割のキーとして使うのです。

そうすると、左のAltキーと右のAltキーは、別のキーとして識別する必要が出てきます。
押したときの役割が違いますからね。
この識別のために

・左のAltキー → Altキー
・右のAltキー → 右Alt


と呼び分けるのです。

「右Altに○○」と出てきたら「2つあるAltキーのうち、右側のAltキーに○○」と読み替えてください。
それで意味は掴めるはずです。

なお、キーボードによっては右Altがない場合があります。
そんなときは、他のキーの組み合わせ、例えば「Fnキー+Altキー」などで代用できると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「右Alt」って単語が出てきたら「右側にあるAltキーのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク