[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ニューメリックロックキー

pointこの用語のポイント

pointNumLockキーのことだよ

pointキーボードのキーだよ

pointテンキーを数字入力用のキーとして使うか矢印キーとして使うか切り替えるよ

pointもしくは、文字キーの一部を文字キーとして使うかテンキーとして使うか切り替えるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ニューメリックロックキーとは

「NumLockキー」のこと。
つまり

テンキーの表の顔(数字入力用のキー)と裏の顔(移動用の矢印キー)を切り替えるときに押すキー。
もしくは

テンキーのないキーボードの表の顔(文字入力用のキー)と裏の顔(数字入力用のキー)を切り替えるときに押すキー
です。

あるいは

パソコンのキーボードにくっついている「NumLock」って書かれたキーのこと
とも言えます。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「NumLockキー」の説明と、ほとんど同じです。既に「NumLockキー」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

パソコンからこのページを見ている方は、目線をキーボードに落としてみてください。
キーボードのどこかに「NumLock」と書かれたキーがあるはずです。

ニューメリックロックキー

テンキーのないキーボードの場合は、NumLockキーがないかもしれません。

この「NumLock」と書かれたキーを「NumLockキー(ナムロックキー)」と言います。
このNumLockキーの別の表現が「ニューメリックロックキー」です。

「Num」は「Numeric(ニューメリック)」の省略表現です。

Num Lock キー
  ↓
Num(eric) Lock キー
  ↓
ニューメリックロックキー


となります。

まぁ、こんな気取った表現を使う人は、あまり多くないですけどね。
別に覚えておかなくても困りませんが、気が向いたら覚えてあげてください。

それではニューメリックロックキーの役割について説明していきますが、その前に「テンキー」について、お勉強しましょう。

テンキーは「数字入力専用のキー」です。
電卓気分でぽちぽち入力できるように数字キーが配置されています。

ニューメリックロックキー2

実は、このテンキーには表の顔と裏の顔があります。

表の顔は数字入力用のキーです。
電卓っぽい使用感で使えます。

裏の顔は矢印キーです。
ぽちぽちすると、カーソル(現在位置を示す目印)などを上下左右に動かせます。

以上を踏まえて、テンキーの表の顔(数字入力用のキー)と裏の顔(移動用の矢印キー)を切り替えるときに押すキーが「ニューメリックロックキー」です。

例えば、表の顔が「0」のキーの裏の顔は「InsキーInsertキー)」です。
ニューメリックロックキーのランプが点いているときは「0」のキーとして扱われます。
ニューメリックロックキーのランプが消えているときは「Insキー」です。

ニューメリックロックキー3

同じように表の顔が「1」のキーの裏の顔は「Endキー」です。
ニューメリックロックキーのランプが点いているときは「1」のキーとして扱われます。
ニューメリックロックキーのランプが消えているときは「Endキー」です。

ニューメリックロックキー4

テンキーの表の顔と裏の顔の対応は、以下の通りです。

表の顔裏の顔
0Insキー(Insertキー
1Endキー
2矢印キー「↓」
3PgDnキーPageDownキー
4矢印キー「←」
5
6矢印キー「→」
7Homeキー
8矢印キー「↑」
9PgUpキーPageUpキー
.DelキーDeleteキー


ニューメリックロックキーをぽちぽちするたびに、表の顔と裏の顔が切り替わります。
これが、本来のニューメリックロックキーの役割です。

ところで、ノートパソコンの場合には、キーボードにテンキーが付いていない場合が少なくありません。
それなのに、ニューメリックロックキーが付いている場合があります。

この場合のニューメリックロックキーの役割は、キーボードの表の顔(文字のキー)と裏の顔(数字キー)を切り替えることです。

テンキーのないキーボードでは、電卓っぽくぽちぽちできません。
そう思わせておいて、実はテンキーっぽい使い方ができる裏の顔があるのです。

例えば、表の顔が「M」のキーの裏の顔は「0」です。
ニューメリックロックキーのランプが点いているときは「0」のキーとして扱われます。
ニューメリックロックキーのランプが消えているときは「M」です。

ニューメリックロックキー5

同じように表の顔が「J」のキーの裏の顔は「1」です。
ニューメリックロックキーのランプが点いているときは「1」のキーとして扱われます。
ニューメリックロックキーのランプが消えているときは「J」です。

ニューメリックロックキー6

テンキーのないキーボードの表の顔と裏の顔の対応は、一般的には以下のようになります。

表の顔裏の顔
M0
J1
K2
L3
U4
I5
O6
77
88
99
..
/+
;-
P*
0/


文字で見ると分かりにくいですが、テンキーっぽい配置になっています。

ニューメリックロックキー7

ニューメリックロックキーをぽちぽちするたびに、表の顔と裏の顔が切り替わります。
これが、テンキーのないキーボードにおけるニューメリックロックキーの役割です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ニューメリックロックキー」って単語が出てきたら「テンキーを数字キーとして使うか矢印キーとして使うか切り替える、もしくは、文字キーの一部を文字キーとして使うか数字キーとして使うか切り替えるためのキーなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク