[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ポーズブレイクキー (Pause/Breakキー)

pointこの用語のポイント

pointキーボードのキーだよ

point昔の名残で残っているキーだよ

pointほとんど使わないよ

point処理を停止・中断するためのキーだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ポーズブレイクキー (Pause/Breakキー)とは

昔の名残で残っているけど、今ではほとんど使われていないキーの1つ
であり

もともとの役割は、処理を途中で止めるためのキー
です。

あるいは

パソコンのキーボードにくっついている「Pause/Break」って書かれたキーのこと
とも言えます。

image piyo

詳しく書くよ

パソコンからこのページを見ている方は、目線をキーボードに落としてみてください。
キーボードのどこかに「Pause/Break」や「Pause」あるいは「Pause」と「Break」が縦に並んで書かれたキーがあるはずです。

Pause/Breakキー

この「Pause/Break」などと書かれたキーの名前が「Pause/Breakキー(ポーズブレイクキー)」です。
そのまんまな呼び名ですね。

Pause/Breakキーは、昔の名残で残っているだけです。
完全に無意味というわけではありませんが、基本的には使いません。

とはいえ、完全に役立たず扱いするのは可哀想です。
少しだけPause/Breakキーの使い道を書いておきましょう。

Windowsを使っていて、気が向いた人は、コマンドプロンプトを起動してください。
コマンドプロンプトは「コンピュータに詳しい人が使う黒い画面」ね。

Pause/Breakキー2

このコマンドプロンプト上で、処理に時間のかかるコマンドを実行したとします。
例えば

dir /S

を実行したとしましょう。
全部のフォルダの中にあるファイルの一覧を表示するので、結構時間がかかります。
※実際に試される方はご注意ください。実行中にCtrlキーを押しながら「c」のキーを押すと、処理を中断できます。

この実行中の処理を、途中で停止・中断したいときに押すのがPause/Breakキーです。

処理の途中でPause/Breakキーを押すと、処理が一旦止まります。
Pause扱いです。

Pause/Breakキー3

停止扱いなので、何か適当なキーを押すと再開します。

Pause/Breakキー4

処理の途中でCtrlキーを押しながらPause/Breakキーを押すと、処理が終わります。
Break扱いです。

Pause/Breakキー5

中断扱いなので、再開はしません。
もう一度、最初から実行してください。

Pause/Breakキー6

素晴らしいですね。
Pause/Breakキーには使い道があります。

……と言いたいところなのですが、Ctrlキーを押しながら「s」のキーを押しても、処理が一旦止まります。
つまり、Pause/Breakキーと同じ結果になるわけです。

Ctrlキーを押しながらPause/Breakキーも同じです。

Ctrlキーを押しながら「c」のキーを押すと、処理が途中で終わります。
Ctrlキーを押しながらPause/Breakキーを押したのと同じ結果です。

そのため、Pause/Breakキーが使われる機会は、ほとんどありません。

もしかしたら、ソフトによっては機能が割り当てられているかもしれませんけどね。
基本的には使い道のないキーです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Pause/Breakキー」って単語が出てきたら「昔の名残で残っているキーなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク