[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

デリートキー (Deleteキー)

pointこの用語のポイント

pointキーボードのキーだよ

point文字を消したりファイルを削除したりできるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

デリートキー (Deleteキー)とは

文字を消したり、ファイルを削除したり、何かを消す目的で押すキーのこと
です。

あるいは

パソコンのキーボードにくっついている「Delete」や「Del」って書かれたキーのこと
とも言えます。

image piyo

詳しく書くよ

パソコンからこのページを見ている方は、目線をキーボードに落としてみてください。
キーボードのどこか、多分右の方に「Delete」や「Del」と書かれたキーがあるはずです。

Deleteキー

この「Delete」や「Del」と書かれたキーの名前が「Deleteキー(デリートキー)」です。
そのまんまな呼び名ですね。

Deleteキーは、その名の通り、何かを消すときに使います。

例えば、そうですね。
文字入力中にポチっと押してみましょう。

……えっ?
何も起こらないですか?

それでは、カーソル(現在位置を示す目印)を一つ左に移動してから押してください。
カーソルの後ろの文字が1文字消えたはずです。
文字の入力中にDeleteキーを押すと、カーソル位置の1つ後ろの文字を消してくれます。

Deleteキー2

似たような動きをするキーに「BackSpaceキー」がありますよね。
文字の入力中にBackSpaceキーを押すと、カーソル位置の1つ前の文字が消えます。

Deleteキー3

DeleteキーとBackSpaceキーはセットで覚えてください。

・Deleteキー → 後ろの文字を消す
・BackSpaceキー → 前の文字を消す


です。

また、キーの役割で迷うかもしれませんが

・Deleteキー → 消す、削除
・BackSpaceキー → 戻す、取消


のイメージで解釈すると、理解しやすいと思います。

これが文字入力中のDeleteキーの動きです。

あとはケース・バイ・ケースですね。
基本的には、押すと何かが消えます。

例えば、ファイルを選んだ状態でDeleteキーを押すと、ファイルを削除しようとします。
Windowsを例にすると、右クリックして「削除(D)」を選ぶのと同じ動きです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Deleteキー」って単語が出てきたら「何かを消すとき用のキーなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク