[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.eml【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointマイクロソフト製のメールソフトで扱うメールのファイルによく付くよ

point1ファイルにメール1通が入ってるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.eml【拡張子】とは

ファイルの種類を表す目印(拡張子)のひとつ
であり

マイクロソフトさんが開発したメールソフトで作ったり受け取ったりしたメールのファイルによく付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「拡張子」と「メールソフト」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.eml

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.eml2

メールソフトは「メールを見たり送ったりするときに使うソフト」です。
他にも、アドレス帳だったり、あれやこれやの機能が付いていることが多いです。

.eml3

世の中には、いろいろなメールソフトがあります。
天下のマイクロソフトさんも、いくつかのメールソフトを作って、公開しています。
具体的には

Microsoft Outlook
Outlook Express
Windows メール
Windows Live メール


などです。

以上を踏まえて、マイクロソフト製のメールソフトで扱えるメールのファイルに、よく付いている拡張子が「.eml」です。

.eml4

「eml」の読み方については「イーエムエル」と読む人が多いと思います。
そのまんま、アルファベット読みですね。

拡張子が「.eml」のファイルの中身はメールです。
1つの「.eml」ファイルの中に1通のメールが入っています。

マイクロソフト製のメールソフト(Windows Live メールとか)を使っている人は、興味があれば、以下の実験をやってみてください。

まず、メールの一覧が表示されているところで、メールを掴みます。
具体的には、マウスカーソルをメールのタイトルに乗せて、マウスの左ボタンを押しっぱなしにします。

.eml5

次に、マウスの左ボタンを押しっぱなしにしたまま、マウスカーソルをデスクトップに持っていきます。
マウスカーソルがデスクトップに来たら、左ボタンを離します。

そうすると、デスクトップに

【メールのタイトル】.eml

という名前のファイルができるはずです。
メールのタイトルが「テストメール」であれば「テストメール.eml」というファイルができます。

.eml6

ファイルの拡張子が「.eml」ですよね。
ファイルの中身は、先ほど選んだメールです。
ダブルクリックすると(マウスの左ボタンをべちべちっ!と2回押すと)、中身を見られるはずです。

拡張子が「.eml」のファイルを直接編集することはできません。
ダブルクリックすると、関連付けられたメールソフトでファイルが開くはずです。
編集に限らず、ファイルを開いたメールソフトでできる範囲の作業が行えます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.eml」って拡張子が付いていたら「マイクロソフト製のメールソフトで扱うメールのファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク