[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

無線

pointこの用語のポイント

point線を使わないよ

point線の代わりに電波や赤外線などを使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

無線とは

線を使わないやり方。
もう少し具体的に書くと

電波や赤外線などを使って「ビビビー!」で、やり取りするやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

線が無いのが「無線」です。
そのまんまな説明ですね。
一般的には、電波や赤外線を使って「ビビビー!」で、やり取りするやり方を指します。

無線

無線のメリットは「線が無いこと」です。
足を引っ掛けて転ぶ心配がありません。
好きな場所に、気軽に持っていくこともできます。

一方、無線のデメリットは「線が無いこと」です。
あれ?メリットと同じですね。

無線は線の代わりに電波や赤外線を使って、やり取りします。
言い方を変えると

データが空気中を通る

ということです。

有線の場合は、線の中をデータが通ります。
外から何かちょっかいを出そうとしても、線がさえぎってくれます。

無線2

それに対して、無線は丸裸です。
ちょっかいを出すのが簡単です。

無線3

つまり、無線は有線に比べて

周りの影響を受けやすい

と言えます。
周りの影響を受けると、接続が瞬間的に切れたりします。
「途中で少しでもつながらなくなると困るんだよねー」な場合には、無線は向きません。

有線が普通の道路を通るイメージだとすると、無線は広場を突っ切るイメージですかね。
無線は、特に何かを変えることなく、好きなようにコース変更できます。
その代わり、どこから何が飛んでくるか分かりません。

無線4

技術の進歩と共に、無線の性能は向上しています。
それは事実です。

ですが「通信の品質」という観点から言えば、まだまだ有線に軍配が上がります。
置き場所が決まっていて、線が邪魔にならないのであれば、有線にしておいた方がストレスは少ないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「無線」って単語が出てきたら「線を使わないやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク