[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ブラウザクラッシャー

pointこの用語のポイント

pointホームページだよ

point見ると、ブラウザやパソコンがおかしなことになるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ブラウザクラッシャーとは

それを見ると、Webブラウザ(ホームページを見るときに使うソフト)やパソコンが異常終了しちゃうホームページのこと。
あるいは

それを見ると、Webブラウザ(ホームページを見るときに使うソフト)やパソコンがおかしな動きをし始めるホームページのこと。
あるいは

何らかの悪意あるホームページのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ブラウザは「Webブラウザ」の省略表現で「ホームページを見るときに使うソフト」ね。

ブラウザクラッシャー

それを踏まえて、見ると、Webブラウザやパソコン異常終了するホームページが「ブラウザクラッシャー」です。
閲覧すると、Webブラウザやパソコンがおかしなことになって、力尽きてしまいます。

ブラウザクラッシャー2

このタイプのブラウザクラッシャーで有名なのは、Webブラウザを新しく起動し続けるやつですね。
そのホームページを見ると、延々とWebブラウザが起動しちゃうのです。
つまり、起動したWebブラウザの数が増え続けます。

Webブラウザを1つ起動すれば、パソコンさんの負担はWebブラウザ1つ分増えます。
Webブラウザを10個起動すれば、パソコンさんの負担はWebブラウザ10個分増えます。
Webブラウザを100個起動すれば……以下、同じです。
起動したWebブラウザの数に比例して、パソコンさんの負担も増えます。

増え続ければ、いつかきっと、パソコンさんは力尽きてしまうでしょう。

このような悪意あるホームページが、ブラウザクラッシャーです。
そのホームページを見ると、Webブラウザさんやパソコンさんが力尽きてしまいます。

あるいは、力尽きはしないけど、おかしなことになってしまうやつも「ブラウザクラッシャー」と呼びます。
例えば、Webブラウザを終了しても終了できないやつとかです。

終了しても終了できないやつは、そのホームページを見ると、新しい小画面が出てきます。
この小画面が消せないのです。
右上の「×」を押しても消えなかったりします。

このような悪意あるホームページも、ブラウザクラッシャーです。
そのホームページを見ると、Webブラウザやパソコンが変になります。
まぁ、変になると言っても、Webブラウザを終了したり、パソコンを再起動すれば、基本的には直りますけどね。

あるいは、もう少し広い意味で使われる場合もあります。
単に「悪意のあるホームページ」を意図する「ブラウザクラッシャー」です。

例えば「精神的ブラクラ」という用語があります。
精神的ブラクラは「それを見ると、精神的にダメージを受ける類のホームページ」です。
急に大音量で音が出たり、気持ち悪い画像が表示されたりします。

ブラウザクラッシャー3

精神的ブラクラは、見ても、Webブラウザやパソコンがおかしくなることはありません。
人間様が不愉快な思いをするだけです。

このようなホームページも「ブラウザクラッシャー」と表現する場合があります。
実際にブラウザをクラッシュしたりはしないけど、不愉快なホームページのことです。

とはいえ、最後のやつは例外ですけどね。
基本的には、閲覧するとWebブラウザやパソコンがおかしくなるホームページが、ブラウザクラッシャーです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ブラウザクラッシャー」って単語が出てきたら「それを見ると、ホームページを見るときに使うソフトやパソコンが変になるホームページなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク