[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ソフトウェア・デファインド・ネットワーク (Software Defined Network)

pointこの用語のポイント

point「SDN」のことだよ

pointネットワーク機器をまとめて管理するよ

pointソフトウェアでまとめて管理するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ソフトウェア・デファインド・ネットワーク (Software Defined Network)とは

いわゆる「SDN」のこと。
つまり

「ネットワーク機器って、いっぱいあってごちゃごちゃしてるけどさー。そいつらを一個のソフトウェアでまとめて管理できたら、ちょー便利じゃね?」な考え方のこと
であり

ネットワーク機器をソフトウェア的に一元管理することで、ネットワークの構築や管理を仮想的にできるようにし、動的なネットワークを作れるようにする概念や技術のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

SDNは「ネットワークソフトウェアで、まとめて管理したり構築したりできるようにするための概念や技術」ね。

実は私もよく分かっていないのですが、頑張って説明してみましょう。

まず、今まで主流だったネットワークは、それぞれの機器が独立独歩の精神でした。

Software Defined Network

通信するときはバケツリレー方式、自分に来たものを次の機器に渡すことが使命です。

Software Defined Network2

設定や管理も、それぞれの機器ごとに必要でした。

Software Defined Network3

でも、いちいち一個一個管理するのはめんどっちーですよね?
それにネットワークの構成を変更したいときに、一つ一つ設定を変えていくのも大変です。

そこで、これらの設定や管理をソフトウェアでまとめてやってしまおうという考え方が出てきました。
小難しい言い方をすると「ネットワーク上に散らばるそれぞれの機器を、ソフトウェアで一元管理してしまおう」な発想です。

Software Defined Network4

あるいは、もう少し大雑把に捉えてみましょう。
実際には複数の機器が集まって一つのネットワークを作っていますが、管理上は一つの大きな機器と見なしちゃうイメージです。

Software Defined Network5

このような考え方、もしくは、それを実現するための技術を、ふんわりと表現したのが「SDN」です。
そして、SDNの正式名称が「Software Defined Network(ソフトウェア・デファインド・ネットワーク)」です。

その名の通り「ソフトウェア(Software)で、定義しちゃった(Defined)、ネットワーク(Network)」ですね。
具体的な仕組みは、私もよく分かっていません。
他のところで情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Software Defined Network」って単語が出てきたら「ネットワークをソフトウェアで、まとめて管理したり構築したりできるようにするための概念や技術なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク