[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

グラフィックス・プロセッシング・ユニット (Graphics Processing Unit)

pointこの用語のポイント

point「GPU」のことだよ

pointパソコンの部品(半導体チップ)だよ

point画像に関する処理を主に担当するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

グラフィックス・プロセッシング・ユニット (Graphics Processing Unit)とは

いわゆる「GPU」のこと。
つまり

画像に関する処理を主に担当するパソコンさんの部品(半導体チップ)
です。

image piyo

詳しく書くよ

GPUは「画像処理を担当するパソコンの部品」ね。
マザーボード(パソコンの核となる部品)やグラフィックボード(画面表示のスペシャリストな部品)にくっついている半導体チップです。
詳細は用語「GPU」の説明をご覧ください。

グラフィックス・プロセッシング・ユニット

このGPUの正式名称が「グラフィックス・プロセッシング・ユニット」です。
GPUは「Graphics Processing Unit」の頭文字を取った表現になります。

自分で取り上げておいてなんですが「グラフィックス・プロセッシング・ユニット」という表現を使う機会は、まずありません。
くそ長ったらしくて読むのも書くのも鬱陶しいですからね。
「GPU」と表現される場合がほとんどです。

脳内で

ぐらふぃっくす・うんちゃら・ゆにっと → GPU

の変換さえできれば、十分だと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「グラフィックス・プロセッシング・ユニット」って単語が出てきたら「画像処理を担当するパソコンの部品なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク