[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アウトバウンドトラフィック (outbound traffic)

pointこの用語のポイント

pointネットワークを流れる情報(量)だよ

point「中→外」な流れだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アウトバウンドトラフィック (outbound traffic)とは

ネットワークを流れるデータのうち、中から外に出ていくデータ(量)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

アウトバウンド」+「トラフィック」で「アウトバウンドトラフィック」です。

アウトバウンドトラフィック

アウトバウンドは「中から外へ向かう流れ」ね。
箱に入っていたミカンが外に飛び出すイメージです。

アウトバウンドトラフィック2

トラフィックは「ネットワーク流れる情報(量)」です。
ネットワークを道路、流れる情報を車と考えれば「交通」や「交通量」のようなニュアンスの用語です。

アウトバウンドトラフィック3

つまり「ネットワークの中から外に出ていく情報(量)」が「アウトバウンドトラフィック」です。
そのままと言えば、そのままな説明ですね。

「情報」なのか「情報量」なのかは悩むところですが、前後の文脈から判断してください。
「トラフィック」の意味を調べたときに「情報だ!」という説明と「情報『量』だ!」という説明があったのです。
どちらが正しいのか判断できませんでした。

ちなみに、アウトバウンドトラフィックの逆、「ネットワークの外から中に入ってくる情報(量)」は「インバウンドトラフィック」と言います。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アウトバウンドトラフィック」って単語が出てきたら「ネットワークの中から外に出ていく情報(量)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク