[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

イーサネット・クロスオーバー・ケーブル (Ethernet crossover cable)

pointこの用語のポイント

pointLANケーブルだよ

pointパソコンさん同士をつなぐときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

イーサネット・クロスオーバー・ケーブル (Ethernet crossover cable)とは

いわゆる「ストレートケーブル」のこと。
つまり

パソコンさん同士を接続するときに使うLANケーブルのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

LANケーブルは「インターネットをするときにパソコンにつなぐ線」ね。
通信でやり取りするデータの通り道です。

イーサネット・クロスオーバー・ケーブル

このLANケーブルですが、1つのLANケーブルの中に複数の細い線が入っています。
LANケーブルの端っこを見てください。
中に色の付いた細い線がいくつか入っているのが見えますよね?

この細い線の並びがLANケーブルの左端と右端で違う(一部交差されている)のが「イーサネット・クロスオーバー・ケーブル」です。

イーサネット・クロスオーバー・ケーブル2

「イーサネット・クロスオーバー・ケーブル」と呼ぶのはクソ長いので、省略して「クロスケーブル」と呼ばれるのが一般的です。

イーサネット・クロスオーバー・ケーブルは、左端をパソコン1に、右端をパソコン2に挿して使います。
そうするとパソコン1とパソコン2の間で通信ができるようになるのです。

イーサネット・クロスオーバー・ケーブル3

なんで細い線の並びが違うかですが、ざっくり言うとパソコン同士の入力出力を合わせるためです。

普通のLANケーブルを使ってつなげると、パソコンさんの入力と入力、出力と出力がつながってしまいます。

お話をするときは口と口、耳と耳を近づけても上手く聞こえないですよね?
自分の口と相手の耳、相手の口と自分の耳を近づけなくてはいけません。

同じように、パソコンさん同士をつなぐときも、入力と出力、出力と入力をつなぐ必要があります。
そのために中の細い線をぐいっとクロスしてあるLANケーブルが、イーサネット・クロスオーバー・ケーブルです。

ちなみに、普通のLANケーブルは「ストレートケーブル」と言います。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「イーサネット・クロスオーバー・ケーブル」って単語が出てきたら「パソコン同士を接続するときに使うLANケーブルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク